古民家・町家リノベーション

嵯峨野の離れ

手掛けた建築家

設計、監理を担当

嵯峨野の離れ (外観)

外観

外観は状態もよく現況を維持しました。生け垣が板塀に代わりました。

嵯峨野の離れ (外観夕景)

外観夕景

外観夕景です。ひっそりとした佇まいです。

嵯峨野の離れ (玄関アプローチ)

玄関アプローチ

玄関です。ほとんど手を加えていません。縦格子の引違扉など昭和の和風住宅のよき面影です。

嵯峨野の離れ (外観夕景)

外観夕景

外観夕景です。和室縁側のレトロモダンな建具はそのまま使いました。欄間は換気用で軸回転の板戸でしたのを嵌め殺しのガラスに替えました。ガラスには摺り模様で下の窓に合わせたラインを引きました。

嵯峨野の離れ (外観夕景)

外観夕景

もともとの和室の夕景です。 レトロな桟組の窓に合わせ、欄間の嵌め殺しガラスには摺りガラスの格子模様を描きました。

嵯峨野の離れ (玄関)

玄関

玄関内部です。一間間口に4枚の引戸、両側の舞良戸に中央は腰付き紙障子でそのまま使用しました。天井高さを低くしましたので鴨居上の小壁は撤去し、開放の欄間としてその間に粗い縦桟を打ちました。

嵯峨野の離れ (玄関)

玄関

玄関です。ここには二階へ上がる階段が正面にありましたが、階段は向きを逆に付け替え、その場所は飾り棚として整えました。飾り棚の横も通路であったものを扉で閉じました。その扉は板戸に古風な鋳物の握玉を取り付けています。

嵯峨野の離れ (玄関飾り棚)

玄関飾り棚

玄関飾り棚の夕景です。この住まいには鋳物細工や古風な調度品・ランプなどが多く残されており、転用を図りました。色ガラスのペンダントライトは改修前も玄関で使われていたものです。

嵯峨野の離れ (和室)

和室

玄関横の四帖半の和室も整えてそのまま残した部分です。額入り障子が庭の緑を切り取って文字通り額入りの絵のようです。

嵯峨野の離れ (和室)

和室

玄関横の四帖半の和室も整えてそのまま残した部分です。吊り床が設けられています。数寄屋風の凝った障子が丸窓に嵌め込まれていました。痛みが激しく補修してそっと残しました。

嵯峨野の離れ (板の間)

板の間

もとの和室・縁側とそれに付随する板間とを一つの部屋にまとめました。手前が和菓子工房の販売、奥が飲食可の客席部分です。もとの部屋割りを残しながら欄間や袖部分に閉じつつ抜ける仕掛けを施し、あいまいなつながり方をつくりだしました。

嵯峨野の離れ (板の間)

板の間

もとの和室から縁側部分を見たところです。間の小壁と欄間はあえてそのままに残しています。縁側のレトロモダンな桟入りの窓はそのまま使いました。その上は換気用の軸回転の板戸でしたのを嵌め殺しのガラスに替えました。摺りガラスに透明ラインを引いて格子状のデザインとして統一を図っています。

嵯峨野の離れ (板の間)

板の間

もと和室であった板の間から玄関側を見たところです。縁側との間の小壁と欄間はあえてそのままに残しています。右手が厨房になります。玄関との間には格子戸を設けました。

嵯峨野の離れ (板の間)

板の間

もとの和室・縁側とそれに付随する板間とを一つの部屋にまとめました。板間側から見たところです。奥の右手が厨房です。もとの部屋割りを残しながら欄間や袖部分に閉じつつ抜ける仕掛けを施し、あいまいなつながり方をつくりだしました。

嵯峨野の離れ (板の間)

板の間

板の間から厨房側を見たところです。もともとは和室6帖と3帖の続き間でした。小壁に紙障子の開口を設けました。

嵯峨野の離れ (厨房)

厨房

焼菓子工房の厨房です。もともとは3帖の和室と2帖の納戸でした。保健所の営業許可が下りる仕様としています。

嵯峨野の離れ (和室)

和室

2階の座敷です。矩手に廻る広縁に直接通ずるように階段を付け替え、そちらから和室に入ります。意匠はそのままに仕上直しましたが、新たに断熱を施しましたので外気に接する壁は従前の壁の上に新たに二重に設けたものです。

嵯峨野の離れ (和室)

和室

2階の座敷です。意匠はそのままに仕上直しましたが、新たに断熱を施しましたので外気に接する床の間正面の壁は従前の壁の上に新たに二重に設けたものです。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

設計、監理を担当

用途

店舗併用

居住者

その他

所在地

京都府京都市

延床面積

92㎡

改修規模

フルリノベーション

階数

2階建て

期間

設計:17ヶ月 、施工:9ヶ月

完成時期

2015年09月

手掛けた建築家のコメント

設計、監理を担当

京都嵯峨野に建つ昭和の和風住宅をレトロモダンに改修したものです
焼菓子工房になりました

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

大阪府箕面市西小路5-5-5, 555ビル505

対応エリア

京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 滋賀県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

2,100万円〜

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

木村哲矢建築計画事務所さんのそのほかの住宅事例

もっと見る

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

手掛けた建築家

木村哲矢建築計画事務所

@大阪府