戸建リフォーム・リノベーション

東金町の家

実施エリア:

東京都

実施時期:

2013年

築年数:

40年

内容:

下町の住宅密集地に建つ木造一戸建て住宅のリフォーム工事である。
もともとは長屋を分断した敷地に建てているので間口は狭く、奥行きのある平面形状であり、周りには住宅が密集しているので1階に配置しているリビングの採光について十分に検討を行い、2階の一部を吹き抜けとし、トップライトを設けることで天井から太陽光を取り入れ風が通り抜けます。

既存建物を柱と梁だけを残し解体しスケルトン状態にした段階で基礎の補強や体力壁の設置、柱・梁の補強などを行い、耐震性を高めこの先も長く住んで頂ける住宅とした。

1階はリビングを中心にキッチンを対面型とし、フロアー全体が望めるようにした。
リビングに面して高齢になる父親の為に小さな部屋を設け、キッチンからでも部屋の様子が伺えるように配置し、孤立しないように配慮した。
また、扉を閉めることで独立した空間にもなります。
洗面脱衣室内にトイレを設けることで介護しやすい広いトイレになっております。

2階には寝室と客間となる和室を設け、各室から吹抜けを介してリビングを覗けるように窓を設けることで風が通り抜け、繋がりのある空間としております。