注文住宅

中野島の家

実施エリア:

神奈川県川崎市多摩区中野島

実施時期:

2014年6月完成

延床面積:

118平米

内容:

多摩川に程近い平坦な敷地での計画のため、景色は無いものの、都心に比べて建ち方にややゆとがある地域であり、風や光の入りは良好でした。そのため四季を通じて環境の持つポテンシャルを有効に利用し、「住み易さ」を追求した環境共生住宅です。1階は個人のプライベートスペースになっており、一人一人の体感温度に合わせて個室をゾーニングすることで、極力空調に頼らない計画としました。また家の中心に両方向に空気を切り替え可能なファンを設置し、暑い季節は北側の温度の低い床下の空気を入れて2階のリビングに注ぎ、寒い季節は高い部分に溜まった暖かい空気を1階の床下から吹き出します。
また1階と2階のボリュームを切り離す事で家族間での気配や、中(家族)と外(地域、環境)との関係を柔らかく繋ぐことを期待しています。

洗面

photo:Toshihiro Imamura

階段

photo:Toshihiro Imamura

和室

photo:Toshihiro Imamura