注文住宅

城陽の家

面積:

124㎡

エリア:

京都府城陽市

実施時期:

2013年

内容:

ご夫婦ともに大学の考古学の先生で膨大な蔵書をお持ちです。

また授業のない日は家で論文を書かれたりするということで、書斎はメインのスペースとなりました。
軒は深く、でも家の奥まで陽が差し込むような明るい家をご希望でした。
庭を眺める広い浴室などお風呂にもこだわりが・・・。
庭は中庭的な配置にして外の空間も取込んで、普段の生活を楽しんでもらえるよう考えました。

林雅子

出来るだけシンプルな平面プランでいて複雑な空間構成が出来るよう心掛けています。 その土地固有の条件を最大限生かし、欠点を好条件に変える様なプランニングをしたいと思っています。 少しだけ肩の力を抜いて、でも妥協せず、私たちといっしょにがんばって、いい家を創りましょう。 毎日の暮らしを慈しめる様な空間。 安全な構造、明るさ、風通し、ロケーション、便利な生活動線、家族のふれ合いetc、そんなことをクリアーにした上で楽しい空間を創っていきたいと思っております。

この専門家のプロジェクト一覧