注文住宅

house Kf

面積:

109㎡

築年数:

10年

エリア:

神奈川県横浜市

内容:

SOHOを備え、主室から愛車フェラーリを愛でる家です。
主室とガレージの関係を斜めのスクリーンで仕切ることにより、互いの室に流動的な動きを与えられないかと考えました。白い室内にダークブラウンのヴォリュームを挿入することで、様々な場が発生しています。
個室は1室で良い代わりにウォークインクロゼットの量がかなりあり、そのヴォリュームとキッチンまわりのヴォリュームを2層分のひと塊として挿入し、この塊をきっかけにして生活シーンが展開していくような構成となっている。
単純化された構成の中に多様な生活が描かれるような住宅を目指した。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

杉浦事務所

建築家 / @神奈川県

建築の設計とは、シンプルな思考と複雑な思考が表裏一体同居しているような場です。中でも住宅設計は、それに関わる概ね全ての事柄を同時に思考することができる、文化的な営みとしても大変密度の濃い行為だと感じています。それだけ奥が深いのだと思います。常に初心に戻り、慣習的思考に陥らないよう努めています。

杉浦事務所

建築家 / @神奈川県

この専門家のプロジェクト一覧