注文住宅

「つし」のある家

手掛けた建築家

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

用途

自宅

所在地

高知県南国市

階数

平屋

手掛けた建築家のコメント

事例の進み方

南国市の市街化調整区域に建つ平屋のはなれ。広い敷地には明治時代に建てられた土蔵と納屋、昭和40年代の母屋と「はなれ」そして今ではめずらしい別棟のトイレと浴室が建っていた。

建て主は当初、敷地南東にあった2階建ての納屋と母屋をリフォームしたいというご相談で事務所に来られたが、納屋の老朽がはげしく、シロアリにも侵されていたため、新たな「はなれ」を増築することになった。

市街化調整区域内で1世帯の新築しか認められてないため、一旦は母屋と浴室などの水回りを使用不能にしてから新たな建物に台所、バス、トイレを設置することになった。
建物南端のダイニングルーム天井は野地板を見出しとし、また「つし」をとることで木の骨組みを見せながら、かつてそこにあった納屋の記憶を後世につなげていこうと試みた。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅

所在地

高知県高知市海老ノ丸5-15

対応エリア

徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

松木貴史さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

手掛けた建築家

松木貴史

@高知県