注文住宅

吉祥寺の家(和テイストの家)

吉祥寺の家(和テイストの家) (外観)

外観

敷地は北側斜線制限の非常に厳しい地域です。 建物を敷地北側に寄せながらも室内空間をできるだけ大きく造る為、 アーチ状の屋根としたものです。 建て主さんのご要望である「和」のスタイルを具体化するものとして、外壁は白壁、焼杉調の黒い木材による窓格子や軒(破風と軒天)、バルコニー、塀の板貼、黒色サッシ等を使用したものです。

吉祥寺の家(和テイストの家) (玄関ポーチ)

玄関ポーチ

スチール製の庇を設けた玄関ポーチです。 軒天は無垢板貼の上、黒色塗装。 床は玄関の内外を石英岩貼としました。 玄関の扉はタモの無垢板による竪格子扉です。

吉祥寺の家(和テイストの家) (玄関)

玄関

板貼天井の玄関です。 玄関収納は壁面収納とし、側面(写真左手)と正面の2面に設けました。 床材のチークに合わせて収納扉、天井、手摺を着色塗装しています。 手摺は家具類に合わせた特注品(大工さんの製作)で、楕円形の集成材を用いた握りやすい形状です。 正面の収納棚の上下に設けた間接照明により、柔らかな光の空間です。

吉祥寺の家(和テイストの家) (ダイニング)

ダイニング

廊下からリビングに入った正面、ダイニングの写真です。 木製の下がり天井下の落ち着いた空間です。 写真左手は階段室。 この階段室との仕切壁の上部には窓を設け、階段室を通じての採光、階段室に向けての自然換気をはかることができるようにしました。

吉祥寺の家(和テイストの家) (リビング(南面))

リビング(南面)

リビングの南面は全開口とすることが可能な大型の片引き窓としました。 濡れ縁が敷地南面の木製塀まで連続させることで、室内に広がりを感じられるようにしました。

吉祥寺の家(和テイストの家) (リビング・ダイニング(東面))

リビング・ダイニング(東面)

リビングよりダイニングの望む。 左手はキッチン。

吉祥寺の家(和テイストの家) (リビング(西面))

リビング(西面)

リビング西面は西日対策上、また近隣の幼稚園からの視線や防音対策上、開口部は控えめとしました。

吉祥寺の家(和テイストの家) (書斎)

書斎

玄関とリビングとの間に設けたご主人の為の書斎です。 帰宅時や外出時用の上着を収納するクロゼットを併設した部屋です。

吉祥寺の家(和テイストの家) (キッチン)

キッチン

ダイニングからは独立性の高いキッチンです。 明るいキッチンとすべく、白を基調としたすっきりとしたスペースです。 バックカウンター・収納棚はシステムキッチンに合わせた造り付け家具としました。 正面は勝手口。 隣家の庭木を借景とさせて頂きました。

吉祥寺の家(和テイストの家) (階段)

階段

家の北側に配した階段室です。

吉祥寺の家(和テイストの家) (階段室)

階段室

階段上部。 写真右手は子供室(2室)、正面は主寝室とたたみの間です。 通路の左手は、2室の子供室間に設けた壁面収納棚です。 お子さん方や家族の共用の物をたっぷりと収納ができるようにしました。 通路の右手は日常使い用のオープン棚。 その上はお子さんのさまざまな作品を飾る展示台としました。 屋根の形をそのまま生かした曲面天井の空間です。

吉祥寺の家(和テイストの家) (主寝室)

主寝室

2階の主寝室は畳の間と連続する場とし、必要によって戸襖で仕切ることができるようにしました。 階段室同様、アーチ屋根の形状を生かした曲面天井が特徴的な空間です。

吉祥寺の家(和テイストの家) (主寝室)

主寝室

たたみの間より主寝室を望む。

吉祥寺の家(和テイストの家) (たたみの間)

たたみの間

入り口より見たたたみの間。

吉祥寺の家(和テイストの家) (たたみの間)

たたみの間

たたみの間を主寝室より望む。

吉祥寺の家(和テイストの家) (子供室)

子供室

子供室

吉祥寺の家(和テイストの家) (子供室)

子供室

ロフトを設けた子供室です。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

所在地

東京都武蔵野市吉祥寺

延床面積

131㎡

こちらの事務所から歩いても行ける程近い武蔵野市吉祥寺の住宅地に建つ木造2階建ての戸建て住宅です。
建て主の方のご要望としては、シンプルで合理的な住まいの中に、「和」のテイストを加えてほしいというものでした。
また、この敷地は道路を隔てた向かいと斜向かいに幼稚園があることから、できるだけ外からの視線や音が気にならずに過ごせる住まいとしたいというご要望がありました。

これらの条件から、道路側に玄関や書斎、水回りを配し、道路から最も離れた敷地の奥にリビングダイニング、キッチンを配するものとしました。
また2階は、ご両親の寝室とお子様たちの部屋としたもので、平面計画としては非常にオーソドックスな住宅です。
仕上げは、白壁の内外壁、焼杉調の黒い木材、障子、和紙調ガラス等を用いた家としたものです。
また、室内の壁の大半を漆喰塗りで仕上げたのもこの家の特徴のひとつです。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

手掛けた建築家

中川龍吾

中川龍吾

建築や家づくりに大切な事は、設計の能力は当然の事ですが、建て主さんとのコミュニケーション、技術力、監理をしっかり行うことも非常に重要な事だと考えています。 建て主さんの要望に応える以上の建築を提供することで、結果として納得のできる建築・家づくりを行うことを心がけています。

所在地

東京都練馬区関町南4-8-13

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

中川龍吾さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

中川龍吾

建築家 / @東京都