元浅草の住居 (LDK+仕切りのある部屋 (撮影:繁田諭))

LDK+仕切りのある部屋 (撮影:繁田諭)

(撮影:繁田諭)

元浅草の住居 (リビング入り口からの眺め (撮影:繁田諭))

リビング入り口からの眺め (撮影:繁田諭)

(撮影:繁田諭)

元浅草の住居 (仕切りのある空間 (撮影:繁田諭))

仕切りのある空間 (撮影:繁田諭)

元浅草の住居 (ダイニングからの眺め (撮影:繁田諭))

ダイニングからの眺め (撮影:繁田諭)

元浅草の住居 (光が差し込むダイニング (撮影:繁田諭))

光が差し込むダイニング (撮影:繁田諭)

元浅草の住居 (飾り棚がある玄関 (撮影:繁田諭))

飾り棚がある玄関 (撮影:繁田諭)

元浅草の住居 (シンプルなバスルーム (撮影:繁田諭))

シンプルなバスルーム (撮影:繁田諭)

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

所在地

東京都台東区

改修規模

部分リノベーション・リフォーム

築年数

25年

築約25年になるマンションの一室の内装改修設計のプロジェクト。
専有面積約50平米の中にリビング、キッチン、2つの部屋とユーティリティで構成されている。
古い躯体を新しい材料で覆い隠してしまうのではなく、この建物がこれまで過ごしてきた時間に寄り添ってこれからの時間を経ていくことができるようなデザインを心がけた。
壁や天井は必要な断熱だけ行い、可能な限りコンクリートの躯体を顕しにし、リビングと寝室を隔てる間仕切りにはナラの古材を使用した目透かし壁としている。もう一つの部屋は大きな1枚の布で仕切り、部屋を開放する際には天井に吊り上げて天幕として窓際の縁側のような場所を作り出している。
部屋同士の構成は、小さな面積で部屋を細かく間仕切ってしまうのではなく、目透かし壁と布によって、部屋を分けながらも空間的にはつながっているような関係をつくりだした。目透かし壁を通して隣室から届く光と直接窓から入ってくる光、そして照明の光といったいくつもの光が重奏し、風が通り抜ける居心地のよい居住空間となることを目指した。
従来の「LDK」で類型化される独立した部屋が集まる住居とは異なる、部屋の用途を分けつつも光や風を共有することで生まれる新しい居住のあり方を考えた。

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

蘆田暢人

蘆田暢人

お気軽にご連絡ください。

所在地

東京都渋谷区猿楽町2-12 相野谷ビル301

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

蘆田暢人さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

蘆田暢人

建築家 / @東京都