注文住宅

習志野の住宅

実施エリア:

千葉県志野市

実施時期:

2008

延床面積:

105平米

内容:

土間でつながる居間と土間

 敷地は段階的に開発が行われている高台の一画にあり、街区には住宅が建ち並びますが周辺にはまだ畑も残っており、比較的ゆったりした風景が広がっています。
 建物は切妻屋根に下屋がよりそうシンプルな形状にし、なるべくプランも単純な矩形にすることによってコストも抑えています。

風が抜ける居間

居間の一角にある造り付け机のあるコーナー.子供の勉強やパソコンのコーナーになります.

使い方に合わせた造作キッチン

キッチンはリビングと一体的に計画し、キッチンカウンターは家具のように造作しました。既成のシステムキッチンは奥行が600か650mmが一般的ですが、シンク先も利用しながら全面を窓にして外を眺めながら使いたいという要望から、カウンターの奥行は750mmという特別なサイズで造りました。

サッシと目隠し戸

多様な開口部

  敷地面積にゆとりがありましたので、住まいはコンパクトな平面にまとめ庭をゆったりと設けることにしました。また室内と庭をつなげる1階の居間と庭の間に設けられた土間空間も特徴となっています。
 土間の開口部はサッシと目隠し戸の2重の設えがあります。サッシは両袖に全て引込めるタイプのもので、制作の目隠し戸も同様に袖壁に収納することができます。