注文住宅

斜面に埋め込まれた家

面積:

172㎡

費用:

4000万円

エリア:

愛知県瀬戸市

内容:

街全体に高低差があり街の中に崖が点在しています。
通常崖があるとコンクリートで擁壁をつくり、地面を平らにしてから家を建て始めます。擁壁を作るということは元の地盤にたいして多くの場合土を盛ることになります。盛った土は地盤としては緩いため、必ず地盤補強が必要になります。
擁壁を作った上に地盤補強とはなんともコスト的に負担が大きな感じを受けます。クライアントの情報や地形図からこの敷地の元々の形状(地山)を予測し、出来るだけ地盤補強をせずに、かつ擁壁を作らない形でつくることを目指しました。
もちろん住宅は生活の場ですから合理性だけではいけません。
元々の斜面をトレースするような断面とすることで登る楽しみと、そこから見える開放的な景色を組み合わせています。
地面に埋め込まれている部分を鉄筋コンクリート造とし、その上部を木造とすることで熱環境の負荷を軽減するように考えています。

開放的なLDの空間。
庭、吹抜け、景色に挟まれた空間になっているので浮遊しているかのように感じます。

浴室と寝室はインナーテラスに面しています。
インナーテラスの上部にトップライトがあるため明るい空間となっています。

浴室と寝室はインナーテラスに面しています。
インナーテラスの上部にトップライトがあるため明るい空間となっています。

階段から振り返ると景色を切り取るような窓があります。

角の部分は大工さんの腕の見せ所です。細かな作業まで頑張ってもらいました。

道路側から見ると3階建てのように見える。

庭から見ると平屋のように見えます。

中渡瀬拡司

ここちよい空間をつくるよう心がけて 設計に取り組んでいます。

この専門家のプロジェクト一覧