二世帯住宅

ほどよい距離感のある家

実施エリア:

東京都北区

実施時期:

2010

内容:

都心の長屋(二世帯住宅)です。
各世帯が緩やかに繋がりを持つ二世帯住宅ではなく、ほどよい距離感を保ちつつも、プライバシーを重視した完全独立型の二世帯住宅です。世帯の独立性は外壁のデザインにもあらわれています。
それぞれ異なる個性を持ち、限られた敷地内で豊かな住空間を計画するために、建築面積・延床面積・高さ制限の緩和などを駆使し、敷地に対する最大のボリュームを確保しながら、周辺環境などを考慮したアプローチや開口部を設けています。
各世帯間の生活時間の違いやプライバシーの確保を最大限考慮し、平面的・断面的に視線が交錯しないように各世帯の計画を行っています。
1階は、親世帯のLDKと水廻りで構成されており、リビングは将来的には個室としても利用可能で、1階だけで生活することも出来るように計画しています。
2階は、各世帯が共有するフロアですが、各世帯のプライバシーを充分確保出来るような界壁で仕切っています。
3階は、子世帯の天井の高いLDKと子ども室・書斎で構成されています。リビングとダイニングの間には隣地からの視線が気にならないバルコニーを設け、空が見えるアウトドアリビング(ダイニング)として利用し、単なる外部空間ではなく生活空間として利用することを考慮しています。