二世帯住宅

壁層の家

延床面積:

304平米

内容:

駅から近く、静かな住宅地につくった、戸建て住宅である。開放的ではあるが、安心して生活できるよう、敷地の西側の道路には窓を設けず、建物の外壁を景観づくりに参加するものにしたいと考えた。

西側の外壁に窓を無くしたため、視界が広がる東側と南側に居室を開いた。そして、その向きに直交しながら連続して並ぶ壁の層で建物を構成することで、内と外とが連続し、空間を段階的に変化させた。

建物の西側にある車庫の外壁と、北側隣地にある石積み擁壁との高さを同じにしたところ、住宅が街並になじみ、風景に溶け込んでいった。