注文住宅

YU邸

実施エリア:

愛知県

実施時期:

2012年

内容:

名古屋市にも少し郊外に行くと、未だに山の自然が取り残されたような場所があります。この住宅もそんな場所に建っています。

土地探しから相談に乗ってきたクライアントが最後に決めた場所は5m程の小高い崖の上でした。道路側には古いRC造のガレージがあり、その横をかなり急な階段で登っていきます。東側は孟宗の高い竹林になっています。当初生活の利便性を考え、1階に生活の中心を配置する案を幾つか作りましたが、打ち合わせを重ね利便性よりも名古屋最終的に決まったのは、2階にリビングを作る案でした。の夜景を望める2階の眺望をクライアントは選ばれたのです。

古いガレージの上はウッドデッキとし、1階の広い玄関ホールにはそこに面した大きな開口を設け、一体感を作り出しています。更に玄関ホール上部は吹き抜けとし、2階のリビングとも空間的に繋がっていきます。ウッドデッキ~ホール~リビングという1階外部から2階への空間の流れを作り出しました。

条例により、建物は崖と反対の南側に寄せて建てる必要があったため、2階の南側には隣家の窓がすぐ迫っています。そのため、南の窓は細く横長にして、採光と通風のためだけに機能しています。そこにはめられた内障子からは、柔らかな光が室内に届けられます。東の大きな窓には太い木枠を付け、竹林の景色を額で切り取るようにしてあります。名古屋の夜景を望む北の窓も含め、作りの違うこれら三つの窓が2階の空間を決定ずけています。

内川建築設計室

建築は色とりどりの糸を幾重にも織り重ねて出来る一枚の布に例える事が出来ます。材料、デザイン、構造、法規、経済性、社会性、歴史性等々、無数の糸で織り上がったいくつもの層は互いに独立する事なく複雑にからみ合いながら、1枚の布に様々な風合を与えます。建築家はその中の何本かの糸や織り方にこだわりながら、独自の布を織り上げていきます。  また、建築を1つの書物に例えるなら、単語の羅列の中に様々な意味や作者の美意識などを読み解く事が出来る様に、建築もまた表面に表れたデザインの奥に建築家の様々な思いを読み解く事が出来ます。きれいな単語や文体によって明快なテーマを発する心地よい文章(建築)よりも、意味深な単語や文体、単純には読み解く事の出来ないテーマ、しかし何故か心を打つ、そんな匂いたつ様な文章(建築)に私達は魅力を感じます。 そして、時間を経る程に味わいを深めていく、そんな建築を作りたいと願っています。