マンションリフォーム・リノベーション

東京都大田の家

実施エリア:

東京都

築年数:

20年

内容:

賃貸でマンションにお住まいだったMさんご一家。同じマンション内の別の部屋が売り出されたのを機に、購入してリフォームすることにしました。ベランダに面して和室と洋室が並び、その奥にリビングという仕切られた間取りは、3部屋の間仕切りをなくして1LDKへと間取りを変更。リビングの床は、素足の感触が心地よい杉の無垢材を使いました。リビング全体を見渡せるオープンなキッチンは、ステンレスの無垢板と木材を合わせたオリジナルです。リビングの一部には床下が大容量の収納スペースとなっている小上がりの畳スペースを。本好きのMさん夫妻のために、リビングには壁一面に本棚も造作。住み慣れた環境はそのままに、より快適で心地よい暮らしが実現しました。

ステンレスと無垢板のオープンキッチン

築20年のマンションに賃貸で住んでいたMさんご一家。同じマンション内の別の部屋が分譲で売り出されることを知り、住み慣れた生活環境を変えたくなかったことから、リフォーム前提で購入することにしました。細かく仕切られてリビングに光が入らない間取りは、間仕切りをなくしてキッチンもオープンに。光に満ちた明るいLDKを実現しました。

杉無垢板の床と造作本棚のあるリビング

家族が一緒に過ごすリビングの床には、素足でもじんわりと木の温もりを感じられる杉の無垢材を天然塗料のリボスで仕上げました。造作の本棚はタモ材、壁は天然素材の壁紙と自然素材をふんだんに使っています。こだわりの造作キッチンは厚さ5ミリのステンレスの無垢板に収納部分は装飾用のベニヤ板を合わせ、シンプルで使いやすいデザインを提案しました。 ガラス障子