戸建リノベーション・リフォーム

O邸(リフォーム物件)

築年数:

20年

エリア:

京都府京都市

実施時期:

2010年

内容:

O邸
京都市内の豪雪地帯に建つ、住宅をリフォーム。
完璧なバリアフリーではないが、最小限のバリアフリーを心がけること。2匹のラブラドールレトリバー達が、快適に暮らせる空間であること。極寒地帯であること、ご夫婦揃って料理好きなことからオーブン料理も出来る薪ストーブを置くこと。これらの3点を重要項目に設計。
冬はぽかぽかと陽が射し、夏は風が吹き抜けるサンルームは2匹のラブのお昼寝場所に。ナチュラル志向の奥様が選ばれた、素朴な天然石タイル敷きと堅い木製フローリングは、室内を駆け回るラブ達にも大好評。吹き抜けに設置された薪ストーブの余熱は、2階の角にある寝室を朝方まで暖める。
20年来慣れ親しんだオーダーキッチンはそのまま転用し犬達の通り庭にもなる、開放感のあるキッチンとして生まれ変わった。吹き抜けを囲むようにして取り付けられた木製階段と廊下の周りにはご主人の趣味の陶芸作品や画集や書籍を見せながら収納する棚として利用。
どの場所にいても、家族の気配が感じられる住宅になった。

この住宅事例を手掛けた建築家

久和幸司

建築家 / @京都府

"京都再考、再構築"の想いの延長から新しい形の生活スタイルを提案できないかと考え活動しています。