旭-I (窓を開けて中庭と一体感のあるリビング)

窓を開けて中庭と一体感のあるリビング

写真=平林克己

旭-I (上がり框のある玄関)

上がり框のある玄関

写真=平林克己

旭-I (間仕切りのない連続したワンルーム空間)

間仕切りのない連続したワンルーム空間

写真=平林克己

旭-I (光が差し込むキッチン)

光が差し込むキッチン

写真=平林克己

旭-I (畳のある空間)

畳のある空間

写真=平林克己

旭-I (鏡のある洋室)

鏡のある洋室

写真=平林克己

旭-I (収納棚のある開放的な寝室)

収納棚のある開放的な寝室

写真=平林克己

旭-I (広々とした白い洗面室)

広々とした白い洗面室

写真=平林克己

旭-I (シンプルなトイレ)

シンプルなトイレ

写真=平林克己

旭-I (明るい浴室)

明るい浴室

写真=平林克己

旭-I (シンボルツリーのある中庭)

シンボルツリーのある中庭

写真=平林克己

旭-I (中庭を取り巻く「の」の字の家)

中庭を取り巻く「の」の字の家

写真=平林克己

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

所在地

千葉県旭市

延床面積

114㎡

地域と繋がりながら施主が安心して暮らせる家を作る考え、中庭を取り巻く「の」の字プランができた。 そして「の」の字を、始点を低く抑え中庭を取り巻きながら徐々に高さを上げるような形状とした。
中庭を取り囲む「の」の字型 の住宅が施主の生活を守り、「の」の字 が拡張し、地域に開いていく。この「の」の字形状は単に外観のためだけのものではなく、これによって生まれる天井高の変化は内部空間にも変化を作り出す。
天井高を徐々に変化させながら「の」の字に中庭を取り巻くこの構成は、それぞれのスペースが異なった天井高、天井勾配、幅をもち、用途に合った断面形状を作る。間仕切りのない連続したワンルーム空間だが、 断面形状に合わせ設定したスペースに家具を配置することで用途をもった領域を作る。
家具、人、光など様々な要因によりそれぞれの領域は伸縮し
、そして混ざり合う。

専用住宅/木造2F/建築面積=108.00平米/延床面積=114.36平米/構造=馬場貴志構造設計事務所/施工=高安建設株式会社/写真=平林克己

いい家!

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

アーキテクチャー・ラボ

アーキテクチャー・ラボ

住宅や商業施設や学校、地方や東京、新築やリフォームなど、 幅広い依頼があり仕事をしてきました クライアントや敷地には同じものはありません。 それらに「ピッタリとあった建築」ができるといいと考えています。 なので、最終的には同じような建築にはならない方がいいと思っています そのような建築が「発見」できるよう、設計のプロセスを重視しています。 そのプロセスを一緒に楽しんで頂けると、よい建築になるような気がします。

所在地

東京都台東区雷門2-13-3-2F

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

アーキテクチャー・ラボさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る