マンションリノベーション・リフォーム

アトリエにモダンリビングを N's HOME

エリア:

奈良県奈良市

内容:

今までお住まいだったマンションの別棟で、一回り広いお部屋を購入することになられたN様。「物件は比較的綺麗な状態なので、そのままでは住めないわけではないですが、今後の終の棲家として考えているため、この際に自然素材を使って快適にリフォームしたいです。」と、ご相談頂いたのが、N様とのリフォームの始まりでした。

《リフォーム ご要望》
1. 無垢フローリングの床や珪藻土の壁など、自然素材の内装にしたい。
2. 和室をなくし、その分リビングを広くしたい。
3. キッチンは出来るだけオープンにしたい。
4. 奥様の作業部屋(彫金の為の部屋)がほしい。
5. 玄関の土間空間を広く取りたい。
6. アンティークなガラスなどを使った明り取りがほしい。
など。

限られた期間でのDIYも見事終了。ご夫婦のセンスの良さと、器用さで、アンティークな味わいと、大人の上品さとが合わさった、素敵な空間が完成しました。N様は、お住まいになられてからも引き続き様々なDIYに挑戦して下さっているとのこと。

元あった和室をリビングの一部にしたことで、ゆったりした空間が完成しました。床は無垢パインフローリングを貼り、DIYで塗装。壁もDIYで珪藻土を塗りました。床と建具を同色の落ち着いた濃い色に塗装し、アンティークで落ち着いた色合いになりました。

リビング側の扉は、ブラウンブラックの落ち着いた色の扉を選びました。天板は特注のステンレス天板を作製。

元のキッチンとはゴロッと位置を変え、存在感のある広々オープンキッチンにしました。キッチンはすべて、IKEAキッチンをアレンジして使用してまいます。床は味わいのある素焼きのテラコッタタイル貼り。扉は、IKEAのステンレスタイプを使用しました。

キッチン背面の収納には、同じくIKEAの背の高いガラス扉と、ブラウンブラックの扉を使った収納が設置されています。

建具は、無垢材の建具を使用。床の塗装に使用した塗料を使い、すべてDIYで塗装されました。

奥様が彫金でアクセサリー等の製作をされる為のお部屋です。リビングと同じく、床は無垢パインフローリングを塗装で仕上げ、壁は珪藻土を塗りました。壁には銘木を使用した飾り棚を作り付け、作品のディスプレーコーナーにもなっています。

壁には銘木を使用した飾り棚を作り付け、作品のディスプレーコーナーにもなっています。

お子さんの部屋は、お手持ちの家具類が白木の淡い色合いのものが多かった為、フローリングや建具は、あえて塗装せず、明るい色合いそのままに仕上げています。

玄関スペースにした洋室の、残り半分を収納スペースとして利用。お手持ちのタンスなどを設置される予定です。玄関側の壁には、通風の為の小窓をあけました。

元々広かった洗面脱衣室は、その横幅を利用して、洗面台を2つ設置しました。洗面台と、収納の扉はキッチンとおそろいで、IKEAの扉をアレンジ使用しています。床はキッチンと同じテラコッタタイル貼りで仕上げました。洗面台の鏡は、以前お手持ちのドレッサーに付いていたものを利用しています。

寝室も同じく、床は無垢パインフローリングを塗装、壁は珪藻土を塗りました。

便器はそのままに、便座のみ新しい物に交換しました。手洗器も新調しています。壁はDIYによる珪藻土仕上げ。シンプルでありながら味わいのある空間に仕上がっています。

狭かった玄関は、隣にあった洋室の半分を土間にして、空間を広げました。玄関の土間には、天然石を貼り、味わいある、ゆったりとした玄関空間となりました。

この住宅事例を手掛けたリノベーション・リフォーム会社

横田満康

リノベーション・リフォーム会社 / @京都府ほか

『住まいは 生きているもの 家族と共に成長するもの』 『住まいは 安心して 安全に 快適に 暮らせるもの』 『住まいは 買うものではなく 作り上げていくもの』 クライアント=お客様という考えはなく クライアントの夢をお手伝いするパートナー またその家を一緒に守っていく ハウスドクターとしての役割と考えています。 普通のハウスメーカー・リフォーム会社・工務店とは まったく違うと考えてください。また プランニング・施工内容・施工指導のノウハウが私たちの基本仕事です。 本当に仕事(夢をお手伝いすること)に 全員がプライドを持っています。一件・一件 精一杯の仕事をしたいと考えております。

横田満康

リノベーション・リフォーム会社 / @京都府ほか

横田満康さんの住宅事例