注文住宅

田園に建つ町屋

実施エリア:

石川県加賀市

実施時期:

2009年8月

内容:

お客様の想いと、設計者の想いが地元の工務店と、数多くの、心を同じくする職人達の手でここ、加賀の地に実現した。

リビングの一角にある和室

リビングに突き刺さるようなイメージの和室。
町屋の奥に存在する茶室をイメージし、その外観も景色の一部としている。
京間サイズの四畳半は、畳の敷き方を変えれば実際茶室として使うことも可能だ。

明るいリビング

格子戸を開けると、そこには意外と明るいリビングが出現する。
正面に見える家具は、地元の家具職人が造った収納壁。
対面ではない、囲まれ感のあるキッチンは使いやすく、リビングとのアクセスも容易だ。

ダイナミックな梁

ダイナミックな梁は地松を使用。
手刻みの技をずっと残してゆくスタイルや伝統工法を今に伝え、未来へと残していってくれて大切にしなければならない工務店のひとつだ。
寝室とクローゼットの境はあえて別の部屋とせず、黒漆喰の壁のみで仕上げた。
これから取り付けられるであろうオーガンジーのカーテンがさらにこの黒壁を強調する。

小窓から見える田園風景とその向こうに見える倉掛山、白山。
小さく切り取られた景色は一幅の絵のように映える。

和室-open

開閉によってその表情をまったく別のものに変える。
「扉で仕切る」という日本のスタイルを現代的にアレンジした空間だ。

和室-closed

茶室に住む、という贅沢。
蜜蝋ワックスで仕上げた襖を閉めると、リビングとはまったく違ったひとつの部屋ができあがる。
床の段差は40センチメートル。
ちょうど椅子の高さであり腰掛けてくつろぐこともできる。

仕舞い込める和室の襖

常時開けておくことを考え、襖は2枚ともしまい込める形に。
間取りの関係から一方の引き込み先がなく、このように引き回す方法を採用。

リビングから眺める庭

リビングから眺める庭は、町屋のそれに近い囲まれ感がある。
田園地帯という広々とした空間に出現した異空間。
大工が造った大和塀は視線を遮りながら、心地よい風を建物に取り込む。
ぬれ縁越しに見える庭は、塀の向こうにある部屋と共有しながら視線を合わせない工夫を施す。
庭園工事も、地元の造園屋が施工している。

2階から眺める和室

2階から眺める和室も景色のひとつと考える。
リビングから見る和室は、ひとつの室に和室が突き刺さるようなイメージ。
外から見る和室は、母屋の一角にこしらえた茶室をイメージしている。
黒光りする小松瓦の母屋の中で、ここだけが違う存在であることを緑青色の鉄板葺きで表現している。

和室のガラス窓

床の間に見立てたガラス窓。
光がさし込む床の間は、その光、景色も、床を構成する要素と考えた。
台杉仕立ての若木が育ってゆくのも景色の一つとなろう。

玄関

玄関へ一歩踏み込むと、正面から見た外観からは想像できない、しっとりとした町屋的空間が現れる。

外観

白壁と土色の壁にヤマボウシの緑と青空が美しい。
土壁に映る木漏れ日もデザインのひとつとなってゆく。

外観-正面

正面はシンプルに、あえて建物のコンセプトを見せない造り。

外観-後部

後部へ回ると、シンプルではない間取りが明らかに。