注文住宅

外はモダンシャープ、内はウッディな住まい

エリア:

東京都昭島市福島町

内容:

東西に細長い土地に建つ、家族4人の住まいです。テーマは、「外観はシャープ・モダン 内部はウッディー」。エントランスを中央に配し、ゆったりとした玄関ホール。見せ場はムクのストリップ階段です。2階の東にキッチン、ダイニング。中央は、吹抜のあるリビング。リビングからは広いウッドデッキに出られます。

ダイニングキッチンからリビングの方を向くと、DKの造り付けカウンターと食器棚も見えます。全体的に、とてもゆったりとした気持ちになれる空間です。

キッチンは木製手造りです。カウンタートップは人造大理石、壁面はタイルで仕上げました。

広々としたダイニングキッチンです。

和室の中からリビングとダイニングキッチンのほうを望みます。障子はシンプルな桟で作りました。開口の両端に障子をしつらえ、開けても閉めても、面白い空間を演出できます。

ウッドデッキを左手にすると、障子の向こうは和室です。

大開口の窓から差し込む光に溢れた2階リビング。吹き抜けとなっており、開放感もたっぷり。ウッドデッキには、木製複層ガラス入りサッシを使用し、住宅性能の向上はもちろん、木を使った室内との調和を図っています。

階段です。1階も全体がゆったりとした空間となっており、木のやわらかで温かなぬくもりが、ほんわりと漂っています。

片流れの屋根で、両面の表情が全く異なる外観。中央に木を用い、ナチュラルな雰囲気を演出しました。

この住宅事例を手掛けた工務店

キューブワン・ハウジング

工務店 / @東京都

都会の住まいづくりは「夏をいかに快適に過ごすか」が重要なテーマだと思います。風通しはもちろん断熱の方法・通気性など基本的な計画と、確かな施工が求められます。 これまで多くの家を建てさせていただいた経験から「無垢の木の家に、自然素材をバランス良く使うこと」が最も効果があるという結論に至りました。 日本の木を使い確かな職人の技を駆使して、快適な都会の暮らしのお手伝いをさせていただきます。