注文住宅

『YM-house』光と風を採り込む方流れ屋根の家

実施エリア:

石川県河北郡津幡町

実施時期:

2013年10月

延床面積:

146平米

内容:

両隣の住宅に挟まれた奥行きの長い敷地に建つ住宅。
西の前面道路側を2層、東の敷地奥側を1層とした奥行き18Mの片流れ屋根を形成し、大小2つの外部空間を設けたプライベートな居住スペースを考えました。
西側から寝室、プライベートテラス、LDK、ライトコート、ゲストルームと奥行き方向いっぱいに視線が通り抜け、外壁で囲まれた外部空間によりプライバシーを確保しながら光と風を採り込みました。
また、片流れの大屋根に沿って傾斜する天井が所々に必要な空間のボリュームを与え、リビングを中心に各室が緩やかにつながる空間構成としています。白を基調としたミニマムでストイックな外観に対してインテリアはナチュラルでプレーンなイメージとし、内外部のスペースがリズミカルに連続する開放的な生活空間を生み出しました。