注文住宅

八千代の住宅 子育て世代のガレージハウス

八千代の住宅 子育て世代のガレージハウス (建物外観)

建物外観

向かって左側に玄関。右側にインナーガレージの電動シャッターが設けられています。

八千代の住宅 子育て世代のガレージハウス (建物外観)

建物外観

片流れのシンプルなボリューム。屋根、外壁は耐候性の高いガルバリウム鋼板の竪はぜ葺きを通気工法で施工しています。

八千代の住宅 子育て世代のガレージハウス (デッキスペース)

デッキスペース

八千代の住宅 子育て世代のガレージハウス (エントランスホール)

エントランスホール

コンパクトながら収納力抜群のエントランスホール。室内のドアからインナーガレージへの行き来ができるように計画されています。

八千代の住宅 子育て世代のガレージハウス (インナーガレージから書斎を見る)

インナーガレージから書斎を見る

車が大好きなご主人のためのスペースです。書斎とガレージの間はガラスで仕切られており、書斎から愛車を眺めることができるようになっています。

八千代の住宅 子育て世代のガレージハウス (書斎からインナーガレージを見る)

書斎からインナーガレージを見る

車が大好きなご主人のためのスペースです。書斎とガレージの間はガラスで仕切られており、書斎から愛車を眺めることができるようになっています。

八千代の住宅 子育て世代のガレージハウス (リビングダイニング)

リビングダイニング

お子様の成長に合わせて将来的に間仕切りが設置できるように計画されています。キッチンの上部はロフトになっており、お子様のためのスペースとして利用されています。 南向きのハイサイドライトは近隣からのプライバシーを確保しつつ採光と自然換気を実現しています。

八千代の住宅 子育て世代のガレージハウス (リビングダイニング)

リビングダイニング

屋根の架構をあらわした高い天井の開放的な空間です。壁には珪藻土を使用しており、化学物質に敏感なお子様のために使用材料には充分注意をはらって計画しています。

八千代の住宅 子育て世代のガレージハウス (リビングダイニング)

リビングダイニング

リビングダイニングの一角は、お子様の成長に合わせて間仕切が設置できるよう計画されています。

八千代の住宅 子育て世代のガレージハウス (オープンキッチン)

オープンキッチン

リビングダイニングを見渡せる機能的なキッチンです。洗面所や洗濯機のあるユーティリティーにも近く、コンパクトな家事動線を実現しています。北側には洗濯物干しにも便利なサービスバルコニーも用意されています。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
7

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理, インテリア

用途

自宅

居住者

家族(子供2人以上)

所在地

千葉県八千代市

敷地面積

92.84㎡

延床面積

96.88㎡

階数

2階建て

間取り

3LDK

期間

設計:9ヶ月 、施工:6ヶ月

完成時期

2007年01月

施工会社

株式会社 青山工務店

八千代市の閑静な住宅地に建つ車がご趣味のご主人と料理がお上手な奥様、そして活発な2人のお子様のための住宅です。

2階に持ち上げられたリビングダイニングは、高さ4.5mのゆったりとした勾配天井となっており、南面に設けられたハイサイドライトで、部屋の奥まで太陽光を導くように計画しています。キッチンは家事、洗濯、サービスバルコニーを結ぶコンパクトな動線と、たっぷりの収納でとても機能的に作られており、また、リビングに続くスペースは将来的に間仕切りを設けることで子供部屋に変更することができます。

1階にはご主人のためのビルトインガレージとガレージを一望できる書斎を設けています。ガレージにはエントランスホールからも行き来ができ、また書斎は主寝室と可動の間仕切りで区切られているため、将来的な用途の変更にも容易に対応が可能です。

この事例の見どころや工夫したところ

低層住宅地域のきびしい高さ制限の中で、最大限の容積を確保した片流れのシンプルなボリュームは耐候性の高いガルバリウム鋼板の竪はぜ葺きで包まれ、通気層を設けた断熱材と室内側の防湿層で次世代省エネルギー基準を満足する断熱性能と気密性能を有しています。

いい家!
7

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

富岡 真一郎 + 富岡 有希子

富岡 真一郎 + 富岡 有希子

杉並区浜田山を拠点に住宅、別荘、週末住宅、事務所ビル、商業施設の設計・監理を中心に北海道から九州沖縄まで全国で活動する建築家、設計事務所です。 今までどのような住まい方をされてきたのか、どんな暮らし方をしたいと思っていらっしゃるのか・・・、好きなことは何か、嫌いなことは・・・等々、じっくりと時間をかけた様々な対話と、建物の建つ敷地の持つ特質や条件、気候や周辺環境などの理解を通して見えてくることを形にしていきます。その場所で建築を通して体験することができる様々なシーンを想像しながら設計作業を進めていきます。 普段から家事を協力してこなし、様々なことを話し合い生活している夫婦ですので、日常の中で男性、女性両方の視点から、生活しやすく時間を過ごすのが楽しくなる場所とはどういうものなのか考えています。 ・ライフスタイルの変化や建物自体の経年変化にも対応でき、時代を経ても色あせない魅力をもつこと。 ・建築計画や設備、構造によって快適な室内環境を作り出し、無駄なエネルギーを必要としないこと。 ・内部の機能があふれ出てくるような、風景に溶け込み、主張しすぎないシンプルな外観のデザインとすること。 ・シンプルかつ機能的な中に、暖かさが感じられること。 ・家族が自然に集まってくるようにすること。 ・季節や時間の変化を楽しめるようにすること。 安心して早く帰りたくなる、住む方の個性が感じられるような場所を一緒に作り上げていきたいと考えています。

所在地

東京都杉並区成田西2-6-13

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

富岡 真一郎 + 富岡 有希子さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード