注文住宅

東京都世田谷の家・杉の無垢材と漆喰に包まれた家族が繋がる温かな住空間

費用:

810万円

実施エリア:

東京都世田谷

築年数:

14年

内容:

これまでお住まいだったマンションが狭くなり、築16年の中古マンションを購入されたNさん。温もりのある天然無垢材と漆喰を使ったリフォームをご希望でした。そこで、床には全面に杉の無垢材を。壁もすべて漆喰の塗り壁です。建具やリビングのカウンターもタモ材で造作するなど、天然素材をふんだんに使いました。また、家族が一緒に過ごす空間を広く心地よくしたいというご希望により、キッチン・リビング・和室・洋室の仕切りを取り除き、広々とした一つのLDKに。天井も可能な限り高くすることで、より開放感のある空間が生まれました。リビングの中央には、広くて使いやすいステンレス製のキッチンを。お子さんたちと一緒に料理を楽しむことができるようになりました。

リビングに繋がる可変性のある洋室

お子さんが小さいうちはできるだけ家族が一緒に過ごせるようにと、4LDKの間取りを1LDKに変更しました。将来的に個室が必要になった場合には仕切ることができるよう、洋室のドアとコンセントは2ヵ所に設置。個室に向かうドアは必ずリビングを通るよう配慮するなど、お子さんの成長に応じつつ家族の繋がりも大切にした可変性のある間取りです。

杉の床とリビングのカウンター

天然無垢材を使った家に憧れていたというNさん。そこで、床は素足でも木の温もりを感じられる杉の無垢材を採用。壁もNさんの希望を取り入れ、すべて漆喰の塗り壁で仕上げました。建具は同社の建具職人が造作したタモの無垢材。AV機器やNさんの趣味であるLDやDVDがたっぷり収納できるリビングのカウンターもタモ材の造作です。