注文住宅

桜テラス

内容:

敷地面積:1034.79平米
延床面積:966.11平米
構造規模:RC造
地下1階地上3階
計画期間:201302~201302
工事期間:201302~201405

敷地は高台に位置する静かな住宅地である。西側に傾斜しており、丹沢の山々、富士山も見える傾斜地形である。

敷地内には、区の保存樹木である桜の木が2本あり、緑豊かな郊外型住宅地としての周辺環境に満ちあふれている。

建物は、アプローチとなる中庭を囲むようにU字型に連続している。中庭は、駐車場のある前庭から2m程下がっており、奥まったプライベートな空間となる。

西棟は1階と地階、2階と3階のメゾネットタイプの住宅からなる。下住戸は、専用庭面して主室を持ち、上住戸は、崖下を望む景観が優れている。東棟は、フラットタイプ全4住戸からなる2層の建物となる。南側の桜の木を意識した大きな間口が特徴であり、バランスよく配された開口部による開放的な住戸である。

建物全体の構成として、一体的な量感のあるマッシブな形態を避け、個々の住戸の寄せ集まったデザインを意図した。これは戸建住宅の多い近隣の状況(コンテクスト)を考慮し、周辺との調和を目的としている。

写真:Forward Stroke Inc.