二世帯住宅

『I・M邸』光を共有する二世帯住宅

実施エリア:

東京都調布市

実施時期:

2004年12月

内容:

1枚の格子戸をくぐり、2層吹き抜けの前庭から上部を見上げると、ルーバー越しの青天井。
晴れた日には光と影のストライプ仕上げの土間空間。正面には2枚の扉が上下に並んで迎えてくれます。ここがこの二世帯住宅の共用玄関であり、唯一の共用空間になります。
二世帯住宅の計画は、どのように住み分け、どう関わるかの親子関係を導き出し、空間に反映させる事が要になります。今回の計画では、各世帯が独立した玄関、キッチン、浴室を持ち、上下階で住み分けていますが、1階世帯(親世帯)への日当たりを考慮し、共用玄関の「前庭」とオープンエアの「中庭」の2つの光井戸を設けました。

上下二世帯で光りを共有するとともに、上下に別れて住む人の気配を感じる窓となっています。

子供部屋

(撮影:Eisho Watanabe)