注文住宅

HOUSE Y 『境内に建つ家』

面積:

182㎡

エリア:

三重県桑名市

実施時期:

2012年

内容:

お寺の境内に建つ住職さんの住宅です。
焼き杉という伝統的な素材を、現代的な表現方法にて使用しています。

クライアントは、本堂の伝統工法を意識した純和風のデザインに固執することなく、柔軟にさまざまな提案を受け入れてくださる方だったので、焼き杉でつくるゼブラ模様の外観を持つ住宅を提案しました。

焼き杉という昔から用いられてきた素材を使い、それをゼブラ模様に張っていくデザインは、伝統と革新を同時に表現しているといえます。

この住宅事例を手掛けた建築家

江川竜之

建築家 / @愛知県

木、土、紙、鉄、コンクリート、ガラス、塗料など、素材が本来持っている特性を活かした空間づくりを大切にしています。

江川竜之さんの住宅事例

江川竜之さんのそのほかの住宅事例