マンションリノベーション・リフォーム

人を招いて楽しい、オープンキッチンとゲスト用食器棚のあるリビング

面積:

124㎡

費用:

1654万円

築年数:

40年

エリア:

愛知県名古屋市

リノベりす掲載:

あり リノベりす掲載リノベーション事例「人を招いて楽しい、オープンキッチンとゲスト用食器棚のあるリビング」

内容:

家に人を呼ぶことが多いというNさん宅。作業中もリビングにいる家族やゲストと一体感が持てるように、独立型のキッチンを対面式に変更。孤立感がなくなったことで、「料理や片付けが楽しくなった」と奥様。大きめのカウンターでは朝食をとることもでき、夕食の支度をしながら子どもの勉強を見てあげられるのも便利だ。ダイニングには、来客が自由に使えるようにゲスト専用の食器棚を造り付けた。お気に入りの雑貨屋店のディスプレイ棚を参考にしたデザインで、空間のチャームポイントになっている。各部屋にもアクセントカラーをあしらうなど、奥様のセンスのよさがあちこちに散りばめられ、個性あふれる住まいになった。

気づかなかった潜在的な不満が解消され、より快適に
それまで物置になっていた和室をなくし、使いやすい納戸とウォークインのファミリークロゼットを新設。収納家具を置く必要がなくなったので部屋がすっきり広く使え、快適になった。「それまでも特に不満はなかったはずなのに、実はいろいろ不便な部分があったことがわかりました。リノベーションしたらすっかりストレスがなくなりました」という奥様。「7年間住んだからこそ『ここを変えたら、もっと暮らしやすくなる』ということが分かっていたのが良かったのだと思います。明るく居心地が良くなったリビングに家族が集まって過ごすとき、リノベーションをしてよかったな、と感じます」

所在地: 愛知県名古屋市
家族構成: 夫40代、妻40代、長女12歳、次女6歳
築年数: 40年
延床面積: 124.65㎡
工事費: 1654万円
設計: 三井のリフォーム(三井不動産リフォーム)
施工: 三井のリフォーム(三井不動産リフォーム)

ダイニングの壁にはゲスト専用の食器棚を造り付けた。お気に入りの雑貨屋店のディスプレイ棚を参考に、デザインとカラーにこだわって仕上げた。

対面式のキッチンは、作業をしながらリビングにいる家族やゲストと一体感が持て、料理や後片付けが楽しくなった。

キッチンは既成品に納得がいかず「クチーナ(モーリショップ)」でオーダー。白いタイルで清潔感あふれる明るいキッチンに。

寝室にはブルーグレーのクロスを貼ってアクセントに。寝室と廊下の2方向から出入りできる、大容量のウォークインクロゼットを設けた。

子ども室は北側で寒かったので、インナーサッシを取り付けて断熱性を高めた。遮音性も高まり快適に。

子ども室はピンクを基調に、クロスやカーテンでトーンの変化をつけた。ドット柄のクロスがキュート

以前から使用していた黒板壁を、サイズを小さくして再利用。黒板壁の裏側には大容量の納戸を設けたので、来客時の片付けも楽々。

リビングではテレビを壁掛け式にしたので、部屋がすっきりと広く使えるようになった。

廊下と寝室に繋がるウォークインクロゼットには、家族全員分の衣類を収納。

サニタリーの扉は、通気の良いルーバードアに。ミントグリーンがこのリノベーションのテーマカラーだ。

シンプルなデザインの洗面台は、納得のいくものを奥様がセレクトした。

洗面台をシンプルにしたので、名古屋モザイクのデザイン性の高いタイルでおしゃれ度をアップ。

テーマカラーのブルーをトイレにもあしらい、奥様お気に入りの壁紙で特別感のある空間に。

玄関のたたきから直接入れるシューズクロークは、ファミリー玄関として使用。上着掛けも設置してより使いやすく。

この住宅事例を手掛けたリノベーション・リフォーム会社

三井のリフォーム

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都

2011年度グッドデザイン賞では「中古マンション購入×全面リフォーム」で受賞。三井のリフォームのデザイン力を担うのが、設計担当の「リフォームプランナー®」です。 業界初の"設計の専門職"として1986年に組織化して以来、約150名の女性建築士が活躍しています。お客様の家族構成や日々の暮らし方、家族の将来やライフスタイルまでを見据えながら、女性ならではの視点とプロの技術で、細やかなご提案を行っています。 新サービス「探してリノベ」では、「リノベコンシェルジュ」がお客様により最適なリノベ向き物件探しからリノベーションまでお手伝いいたします。

三井のリフォーム

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都

三井のリフォームさんの住宅事例

三井のリフォームさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード