注文住宅

『やはぎの家』借景を楽しめるいろいろな居場所がみつかる家

『やはぎの家』借景を楽しめるいろいろな居場所がみつかる家 (西側外観)

西側外観

高さ3.6mの長細い木製玄関ドアが特徴的なファサードです。窓の計画は機能的でありながらシンプルな外観になるように考えました。

『やはぎの家』借景を楽しめるいろいろな居場所がみつかる家 (東側外観)

東側外観

1階と2階にある広間の大きな窓が作り出すファーサードは、どこかユーモラス。シンプルでありながら、玄関側のファサードとは違う、いわばオフタイムの顔。ガーデンライフを見守ります。

『やはぎの家』借景を楽しめるいろいろな居場所がみつかる家 (玄関)

玄関

毎日の「ただいま」が新鮮で楽しい玄関アプローチ。シンプルで印象的な体験をデザインしました。

『やはぎの家』借景を楽しめるいろいろな居場所がみつかる家 (ルーフテラス)

ルーフテラス

ガレージの上部を利用して、広々としたルーフテラスを作りました。テーブルを出してティータイムを楽しんだり、テント張ったり、ビニールプールで遊んだりできる、プライベートは空中庭園です。 階段の踊り場レベルにあるこのテラスは、1階のユーティリティから洗濯物を、2階から布団を干すのにも便利。

『やはぎの家』借景を楽しめるいろいろな居場所がみつかる家 (1階広間)

1階広間

天井の高い1階の広間。階段の踊り場レベルに客間としても使える畳敷きのロフトがあります。 四周に大きさや位置を注意深く検討した窓を配置し、明るく開放的でありながら外からの視線が気にならない空間を作りました

『やはぎの家』借景を楽しめるいろいろな居場所がみつかる家 (美しいキッチン)

美しいキッチン

エアコンやレンジフードを隠しながら、壁面を全体的に収納にした機能的なキッチンです。シンプルで大きな調理台に立つと、そこは家中が見渡せる特等席です。料理好きなご夫婦の為に、家族で料理を楽しめるキッチンを目指しました。

『やはぎの家』借景を楽しめるいろいろな居場所がみつかる家 (借景を楽しむ窓)

借景を楽しむ窓

敷地の周辺環境を注意深く読み込み、青い空と緑の木々の風景を室内へ取り込めるような窓の計画をしました。光に溢れ、風通しの良い、気持ちの良い空間になりました。

『やはぎの家』借景を楽しめるいろいろな居場所がみつかる家 (畳のロフト)

畳のロフト

1階と2階の間にある小さなスペース。家全体を感じることができます。この家でいちばん小さな空間がこの家で一番人気の場所です。

『やはぎの家』借景を楽しめるいろいろな居場所がみつかる家 (緑を楽しむ空中のオアシス)

緑を楽しむ空中のオアシス

フリースペースには長さ4メートルのカウンターデスクを作りつけ、家族が思い思いの場所で思い思いの作業ができるようにしました。 落ち着いた色調の木質空間は、トンネルのように緑を望む外部へと口を開け、木々にとまる鳥たちの視線で景観を楽しめる、とっておきの場所になりました。

『やはぎの家』借景を楽しめるいろいろな居場所がみつかる家 (ゆるやかな領域感)

ゆるやかな領域感

フリースペースと子供部屋の関係は、境界がなくあいまいに繋がっています。視線の届かないスペースにベッドを置き、勉強や趣味、遊びはフリースペースで、常に気配を感じながらいられる空間を目指しました。 ブランコやハンモックを吊るせる十時型の架構は、間仕切り壁を作ったり扉をつけたりすることもできるように考えられています。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
5

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計, 監理

用途

自宅

居住者

夫婦・カップル

所在地

千葉県千葉市

費用

設計・施工:3200万円

敷地面積

162.13㎡

延床面積

99.3㎡

階数

2階建て

間取り

その他

期間

設計:12ヶ月 、施工:8ヶ月

完成時期

2016年12月

施工会社

株式会社 中野工務店

ゆるやかに傾斜する、成熟した住宅地に建つ、若い夫婦の為の住宅です。
生活の場、子育ての場、愉しみの場、交流の場、仕事の場など、これからお二人の人生の時間を包み込めるよう、家中の至る所がお気に入りの場所になるような家をつくりました。
~LDKという間取りの既成概念に捕われず、いくつもの場がありながら、家全体が一続きに感じられるような空間作りを目指しました。

家づくりのきっかけ・施主の要望

・リビング/ダイニング、キッチンを家族が集える場所にして欲しい。
・リビング/ダイニングは用途を特定せず、自由に家具を配置できるようなフレキジブルな空間にして欲しい。
・家具をあまり置かなくてもよいような空間にしたい
・狭くてもよいのでタタミスペースが欲しい
・キッチンは広々と調理や盛り付けができるように作業台を設けて欲しい。
・キッチンの近くに食材などを収納してパントリー的に使える収納が欲しい。
・キッチン周りは食器などを十分に収納できるような作り付けの棚が欲しい。
・いつでも日の光を感じていられるよな空間にして欲しい。
・通りや隣家からの視線は遮りたい
・敷地東側は景色が良いので大きな窓を設けたい
・屋根の垂木は現しにして欲しい
・ガレージを設けて欲しい(可能であれば密閉できる空間で)
・広めのウッドデッキが欲しい
・洗濯物や布団の干せる十分なスペースが欲しい
・階段はリビングに隣接するなどして個別の空間にしたくない
・子供スペースは個室にしたくない
・寝室は寝るだけの必要最低限のスペースでよい
・寝室に隣接した大きめの収納(ウォークインクローゼットが欲しい)
・内装は塗装仕上げにして欲しい
などなどです。

施主の感想

「当初から単純な「広さ」を求めるのではなく、空間的に魅力のある家にしたいと思っていました。
家族が集まる場所や一緒に何かを楽しめるスペースを第一と考え、主寝室をタイトに作り子供用のスペースもオープンな作りとなりましたが、どちらも天井高が高く単純に面積では表せない気持ちの良い空間になりました。
逆に「チューブ」スペースは天井高が低く内装の仕上げ色と合わせてとても落ち着く空間となりました。この空間はじっくり仕事や勉強ができるだけでなく、セカンドリビング的にも使えるだけの広さがあります。
階段の踊り場に隣接するタタミスペースは3畳ほどしかありませんが、座ったり寝転んだりするのには十分な広さでこちらもとても落ち着ける空間となりました。
全体的に、横方向の「面積」ではなく縦方向の「高さ」を有効に使って面白い空間ができれればと思っていましたが、完成してみて改めてその視覚的な「広さ」を実感しています。
現場が近かったこともあり、頻繁に現場を見学させて頂いたことで「家づくり」の過程を間近に見ることができ、実際に作業をされている方と信頼関係が築けたのみならず、尊敬の念すら抱いてしまいました。
一生ものの買い物が少しづつ形づくられている過程を間近に見ることは、安心と満足に繋がりました。
ただ、素人だと図面だけでは完成した様子が想像しにくいというジレンマもありました。
その都度模型や手描きのイラストなどでイメージを補って頂けたことはとても助かりました。
特に空間的な「広さ」や「明るさ」は内装塗装(白色仕上げ)をする前と後ではかなりイメージが変わりました。そのあたりも経験豊富な建築家に任せていれば安心できると思えました。」

いい家!
5

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

星設計室

星設計室

誰かがつくった「家とはこんなもの」という既成概念から解き放たれると、家づくりの可能性は大きく広がり、「家づくり」はとても楽しいものになります。 多くの可能性のなかから住み手の方々とっての最適解を探すために、私たちは粘り強く、じっくりと家作りのお手伝いをしています。

所在地

千葉県浦安市弁天3-2-12-6

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

星設計室さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

星設計室

建築家 / @千葉県