注文住宅

新田の家

実施エリア:

青森県青森市

実施時期:

2009年

延床面積:

117平米

内容:

青森市の西部、最近開発・分譲された1角。西側を6.5M道路に面した敷地は、新旧、大小、色も様々な住宅に囲まれ、特に南側は隣家に閉ざされてた。周囲からの視線を考慮して、ロの字型の中庭を持つプランからスタートしたものの、北西角や南東角の私道など視線の抜ける箇所を活かし、ゆとりある敷地をもっと有効に使って、開放感のある明るい空間ができないだろうかと考えた。そこで、メインの空間に対して、客間、水廻り(2階に寝室)、カーポートのボリュームをずらし、それらを土間でつなぐプランとした。これによって、敷地の単なる余白は、3つの庭、「中庭のような庭」「アプローチの庭」「浴室のための箱庭」となった。十字に走る土間は、クライアントの趣味の空間として、または風除室、洗濯物干場として使用される。さらには、周囲からの視線を柔らかく遮りながら、内部空間の広がりを増すような効果を持っている。
LDKと小上りのメインの空間は、間仕切が無く、吹抜でフリースペースとつながっており、高い位置からも光が降り注ぐ明るく気持のよい空間。またフリースペースは将来的な家族構成の変化に対応するため、2つの個室を確保できるようになっている。無垢のナラフローリングや柱、珪藻土の壁などをあわせて、一日の移りゆく時間の変化を味わうことのできる家になったのではないか、と思っている。