注文住宅

南流山の家

面積:

106.29㎡㎡

エリア:

茨城県

実施時期:

2011年

内容:

ユニバーサルデザインに配慮した住宅です。
客間(将来親の部屋)とダイニングは、畳の小上がりの段差を設け、起き上がりの動作の負荷軽減を図りました。また、居室は障子・格子戸で仕切ることによって、プライバシーの確保とコミュニケーションの誘発が容易にできるようにしました。

http://maru-arc.com/works/nagareyama/nagareyama01.html

将来同居を想定した客間(和室)。普段は、格子戸を引き込むことによって、LDKに広がりを持たせています。

外構の格子、バルコニーの格子が繊細な表情を作り出しています。

http://maru-arc.com/works/nagareyama/nagareyama01.html

夕景 
http://maru-arc.com/works/nagareyama/nagareyama01.html

小上がりのダイニング。掘りごたつ式となっています。
下部は、リビング側からの収納。

http://maru-arc.com/works/nagareyama/nagareyama01.html

リビング上部の吹抜に、主寝室・子供室が接します。各居室の仕切りは、家族の気配が感じられるように障子としています。

天井は、化粧垂木の現し。

リビング上部の吹抜。

格子の手摺から風が通り抜けます。

木製のストリップ階段
http://maru-arc.com/works/nagareyama/nagareyama01.html

洗い出しの玄関床。木製の玄関引戸。

http://maru-arc.com/works/nagareyama/nagareyama01.html

丸山耕平建築設計事務所

何でも話し合える関係づくりが大切です。「いまとこれから」クライアントと一緒に考え、住んで使って愛着のわく住まいを提案していきたいと考えています。

この専門家のプロジェクト一覧