注文住宅

BIR-House

実施時期:

2012

内容:

書斎デスクデザイン

書斎ワークデスク

Architect:Masaaki Okuno
Photo:848Design
書斎のワークデスクデザイン
光のコントラストが強くシンプルな空間に、形状の面白さや強さを表現する事で様々なコントラストを生み、設置される空間の空気感を変える力を持たせている。
特殊に映る形状は、リビング空間での家族間コミュニケーションを重視した仕草から生み出されたものであり、表情を強く感じる素材感は建築壁面の木質感を継承している。
家族とそれを包む建築との間を繋ぐデスクは、目立ちつつ馴染みつつ空気に浸透していく、住宅に於いての「装飾」であり「装置」である。