注文住宅

ひとつ屋根の家

内容:

50坪の敷地に3台分の駐車場、お客様用の和室、広いLDK、それぞれの個室、みんなの荷物を収納する広い倉庫など、とにかく2世帯6人家族がゆったり生活できる空間が求められました。そこで、1階はパブリックスペース、2階はプライベートスペース、屋根裏は収納スペースと階ごとに使用目的を分離して、お互い干渉す ることなく生活できる構成としました。6人家族が「一つ屋根の下」仲良く暮らすことを願い、建物の形も大きくむくりの付いた1つ屋根をモチーフとしました。道路から一気に屋根のてっぺんまで続く瓦屋根は緩やかに弧を描き、重厚さとしなやかさを表現しています。

安田 均

・・・時と共に美しく・・・・・・住宅は消耗品ではなく、永遠の財産です。安易なデザインに流されることなく、基本性能のしっかりした確かな造形が美しい建物だと思います。50年後に時間の魅力をつめ込んで美しくなる建物こそ価値ある住宅だと思います。