注文住宅

Himawari house

築年数:

1年

エリア:

東京都

内容:

住宅密集地で以前実家が建っていた角地を購入。だから近所の人たちとも顔なじみ。
一般解では当たり前に必要とする駐車場は「要らない」と言う選択で必要なだけの大きさの家を求められました。
角地の住宅は、その一角の顔になるべく責任があります。敷地いっぱいに建てるけれど、緑も供出したい。
建てることでちょっと通ることが楽しくなるようにしたい。そんな解決方法は「手で創る事」をギリギリまで守ること。
いろんな要素を入れながら、 向日葵色の扉の三角屋根の住宅を創りました。

田中ナオミアトリエ

住宅は買うものではなく、創るものです。 しかしながら、現状では住宅展示場をまわって、目に見えるものの中から選んでいらっしゃる方が多いのではないでしょうか。家族の構成・価値観・将来の夢、あるいは敷地状況・予算などライフスタイルは十人十色のはずです。それなのに、住まいだけはあいかわらず画一的な企画の中から選択するのはやっぱりおかしいと思います。設計者とともに、家づくりをすることは、けっして贅沢なことではなく、相談しながら、あなたが思い描く暮らしのシーンを形にします。