注文住宅

『三つ屋根の家』開放感と一体感に溢れる住まい

費用:

4000万円

エリア:

愛知県尾張旭市

実施時期:

2006年

内容:

遠くない将来、老後を向かえるご夫婦がこれから過ごされるお宅はLDK・寝室・ホール・和室と水回りの三つのブロックに分かれ、それぞれに流れ・陸屋根・切り妻の三つの屋根を掛けています。
その小屋裏は部屋に開放された吹き抜け天井となり、それぞれに趣きのある意匠を持つ空間が大きく開放された開口部でつながる開放感と一体感に溢れる、とても印象的な空間が出来上がりました。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

杉浦 繁

建築家 / @愛知県

住まいとは、人が生活を営む基盤、やすらぎを得るための空間です。そのために建物の持つ機能・性能などをどのように高め、それをいかにデザインや要望に結び付けて行くかを考え出すことが我々の仕事だと考え、住まい造りを進めています。