別荘

軽井沢 灯りの家

種別:

別荘

エリア:

長野県軽井沢町

内容:

敷地北側には森もあり、日当たり良い立地で、綺麗な芝生のある土地。周辺との景観バランスを考え、平屋建て37坪としながら、デッキ13坪のある、ゆとりのある空間で、ゆったりと過ごせる空間となってる。また、断熱計画をする際に、音への配慮計画もあったため、高気密高断熱を実現するために東北地方を拠点におき、室蘭工業大学教授/鎌田紀彦先生が代表理事の「新住協」というNPO法人の仕様を採用することとしました。そのため、このNPO法人のマスター会員が施工するという体制となってる。外観デザインは、景観に配慮した色彩計画とし、素材も板壁とし、屋根勾配は、北側の森や浅間山を南側からも見れるよう、緩やかな勾配としている。室内デザインは、お施主様のお気に入りの家具や照明器具を、床や壁の素材、窓、水栓、キッチン、照明、色彩、薪ストーブなど、空間デザインで際立たせるように計画。

この住宅事例を手掛けた建築家

井野勇志

建築家 / @長野県

住宅や別荘を中心に設計をしており、軽井沢町に拠点を構えています。デザインを考えるとき、土地にまずは向き合い、そしてその場所に長くいたくなるような、居心地の良い空間を常に意識しながら、平面計画、天井高さを含む立体計画を考えまています。その場所にあった建物の形態、部屋配置というものは、必ずあるため、それを追求します。このように景観に配慮することは美しく佇む条件だとも考えています。素材は、人にも自然にも優しい自然素材を主としています。これらがまとまって「何とも言えない良さがある」と言っていただける居心地の良い空間を目指しています。また、氷点下15度の寒冷地を手掛けるため北海道の技術者の資格を有する断熱の専門家として、低燃費で高断熱の仕様もデザインとともに計画できます。夏も冬も環境が良くなるよう、風の流れについても配慮しています。 まずは、お気軽にお声かけください。

井野勇志

建築家 / @長野県

井野勇志さんの住宅事例