注文住宅

CASA T 新築工事

内容:

木造2階建て新築住宅。山の借景を最大限に取り込みながら、建物内を小道をあるくようにスロープと階段でゆっくりと回遊していくプラン。個室は最小限の大きさとし、別に衣裳部屋を設け浴室に続く配置になっています。
建具は最小限とし、開放的な空間を快適に過ごすため、室内は高断熱高気密化を計り、全館空調による温度のバリアフリー化を行いました。

渡辺篤史の建物探訪 放映