注文住宅

市ヶ谷の家(中庭形式の都市型2世帯住宅・外断熱の家)

市ヶ谷の家(中庭形式の都市型2世帯住宅・外断熱の家) (外観)

外観

オフィス街と住宅地の中間に建つ建物として、それにふさわしい姿(シルエットや素材感等)を持つ住宅にすることを意図しました。 3階建ての住宅ではありますが、前面道路の幅員からは道路側は高さを抑えて2階建てとしました。 プライバシーの確保や防音対策等の観点から、道路側の開口部は控えめなものとしています。 1階の右手、板張りの部分が玄関、左手はビルトインガレージのシャッターです。

市ヶ谷の家(中庭形式の都市型2世帯住宅・外断熱の家) (外観)

外観

道路側は高さを抑え、裏手のビルに向かって大きく立ち上がる建物形態(外観)です。 将来は手前の駐車場にはビルが建つことが予想されたことから、手前の空地側の窓がなくても自然な採光と換気をはかることができる家とすることがこの家の設計にあたっての大きな課題でした。

市ヶ谷の家(中庭形式の都市型2世帯住宅・外断熱の家) (玄関)

玄関

1階の玄関です。 玄関の左側の扉の先はビルトインガレージです。

市ヶ谷の家(中庭形式の都市型2世帯住宅・外断熱の家) (2階、リビング)

2階、リビング

階段を上がって正面のリビングです。 右手は木製の大型格子窓とその上部のハイサイドライト(天窓)。 左手はオープンスタイルのキッチンです。 壁は自然石入りの漆喰の厚塗り仕上げ(かき落とし)、無垢の床材とともに、非常にしっかりとした質感のある自然素材で仕上げた空間です。

市ヶ谷の家(中庭形式の都市型2世帯住宅・外断熱の家) (2階、リビング・ダイニング)

2階、リビング・ダイニング

ダイニングよりリビングを望む。 介護が必要なご家族がおられる為、ダイニングは畳敷き。 ダイニングの南面は中庭に面する明るく日当たりのよい場所としました。 写真左手はオープンな対面式キッチンです。

市ヶ谷の家(中庭形式の都市型2世帯住宅・外断熱の家) (2階、キッチン・ダイニング)

2階、キッチン・ダイニング

キッチンよりダイニングごしに中庭、子供室を望む。

市ヶ谷の家(中庭形式の都市型2世帯住宅・外断熱の家) (2階、子供室・中庭)

2階、子供室・中庭

子供室より中庭ごしにダイニング、キッチンを望む。 ご家族が介護が必要なお子さんを見守ることができるように、また、お子さんの独立心を育むことができるように、という観点から考えた子供室の配置です。

市ヶ谷の家(中庭形式の都市型2世帯住宅・外断熱の家) (3階、親世帯の寝室)

3階、親世帯の寝室

中庭側(南面)の写真です。 道路からの視線や騒音を気にせずに、ゆったりと過ごせる場とすることを意図しました。

市ヶ谷の家(中庭形式の都市型2世帯住宅・外断熱の家) (3階、親世帯の寝室)

3階、親世帯の寝室

南北に細長い部屋の北面の写真です。 この家の北側はオフィスビルです。 北側の壁の上部には南からの光が差し込むハイサイドライト(天窓)を設けることにより、明るく柔らかな光に包まれる空間とするようにしました。

市ヶ谷の家(中庭形式の都市型2世帯住宅・外断熱の家) (3階、浴室)

3階、浴室

1日の疲れを癒やす浴室は落ち着きのある空間としたい、 というご要望を受けた浴室です。 室内は壁の黒タイルと床の黒御影石、これに木製(槇)の浴槽と木調(白木)の天井材からなるものとしました。 ここもハイサイドライトからの柔らかな光がふりそそぐスペースとしました。 また、浴槽脇の窓から2階のリビングの様子を感じることができるようにしたのも、この浴室の特徴です。

市ヶ谷の家(中庭形式の都市型2世帯住宅・外断熱の家) (中庭(光庭))

中庭(光庭)

3階の屋上庭園より2階の中庭(光庭)を望む。 左手が子供室、右手がダイニング、手前は1階に続く光庭です。

市ヶ谷の家(中庭形式の都市型2世帯住宅・外断熱の家) (中庭(光庭、2階))

中庭(光庭、2階)

2階の中庭(光庭)です。 正面は2階の廊下、その手前は1階へとつながる光庭、右手は子供室です。

市ヶ谷の家(中庭形式の都市型2世帯住宅・外断熱の家) (1階、廊下)

1階、廊下

1階の光庭に面する廊下です。 建物周囲の窓からではなく、中庭(光庭)を設けることで3階建ての最下階にあっても自然光が入る場所としました。

市ヶ谷の家(中庭形式の都市型2世帯住宅・外断熱の家) (外観)

外観

住宅地側からの外観です。

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

用途

自宅

所在地

東京都新宿区

延床面積

103㎡

この住宅は、新宿区内のオフィスビルの建ち並ぶ通りから、住宅地への入口付近に計画したものです。
敷地は近隣商業地域と第二種中高層住居専用地域にまたがる防火地域内にあり、また幹線道路から近いことから、防火と騒音対策上の理由で、RC(鉄筋コンクリート)造としたものです。

2方がビルや擁壁上部に建つ隣家に囲まれた敷地にあって、3階建てであっても各階の諸室に自然光が射し込み、風通しが良く、更に周囲からのプライバシーを確保できる家とすべく、家の中央部に設けた光庭に大きく開く家としました。
また、3層にわたるこの光庭は、2階部分では中庭として利用し、更にこの中庭の脇に光庭やトップライトを設けることにより、1階部分へも光を導くための場としたものです。

また他の鉄筋コンクリート造の住宅同様、外断熱工法を採用しました。
これにより、安定した室内温湿度環境を得やすいだけでなく、良質な衛生環境、結露防止、躯体保護による建物の耐久性向上をはかったものです。

いい家!
1

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

手掛けた建築家

中川龍吾

中川龍吾

建築や家づくりに大切な事は、設計の能力は当然の事ですが、建て主さんとのコミュニケーション、技術力、監理をしっかり行うことも非常に重要な事だと考えています。 建て主さんの要望に応える以上の建築を提供することで、結果として納得のできる建築・家づくりを行うことを心がけています。

所在地

東京都練馬区関町南4-8-13

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

中川龍吾さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

中川龍吾

建築家 / @東京都