マンションリノベーション・リフォーム

もうひとつのホテル住まい MOTEL Life

面積:

65㎡

費用:

750万円

築年数:

50年

エリア:

兵庫県

内容:

可能な限り、ミニマムに暮らす。そんなホテル住まいにも近い間取をご提案。
リノベーションとしての、間取変更は最小限に。でも、内容はびっくりするくらい変化させました。
大きな1LDKに近い室内になりました。ベットルームとしては独立性を保ち、共用空間は最低限のプライバシーを確保。ウォークインを通ってベットルームに入る動線。
キッチンは使い勝手良く、オープンに。しかも、細部までこだわり、メーカー品では無く、家具として製作してます。
Work Roomを設け、LDKとは視線だけは遮断しました。目線が隠れる腰壁には、収納としての機能も追加。
壁面には可能な限り、クローゼットを確保、家具などの持ち込みはリノベーションに合わせて最小限に出来ました。
洗面まわりは、Utilityスペースとして、セパレートに近い感じ。お風呂だけおは設備として最新ユニットを据え置きました。
ホテルのように暮らすライフスタイル。
部屋を細かくわけるのでは無く、どこもで好きな時に、好きな場所で生活が成り立つ。
そんなリノベーションに仕上げてます。

こだわりの家具としてのキッチン。
使い勝手の良い、オープンタイプにした事で、家具のデザインが空間に映えるようになりました。
家でありながら、家でじゃない雰囲気作り。
ホテル暮らしを彷彿させる開放的な空間と優先。
パーケットタイルの床。木の素材間を出しながらも、ほどよく上品に。
家具との合わせ方によっては、テイストを如何様にも振れるデザインです。

LDKから空間の繋がった書斎。
同じ空間でありながらも、視線は遮断しプライバシーは確保しました。
アクセントに無垢材を壁面に貼りつけてます。
部屋感を減らし、出来るだけ仕事場に近い素材感を意識しました。
間仕切りの高さは住まわれる方のとって、程良い高さに。
開放感とプライバシーを両立する意識で仕上げました。

ベットルームの床には真っ赤なカーペット!
誰にも見られないのに、めっちゃ目立つ!
独立性の高いベットルームは間口も広く、バルコニーから沢山の採光が確保されてます。
アクセントクロスも海外のホテルをイメージ。
派手過ぎる?いやいや、この組み合わせ、日本じゃなかなか見れないですよ。

必要最小限の設備で仕上げました。
可愛い縁取りデザインで、洗面室を機能的に。
まるで海外の洗面室みたいに。
タイルが可愛さをUPさせました。
洗面ボウルは、あえて、浅め。正面には、収納付鏡。タオルはすぐに使えるように。
白でデザインを統一させ、ホテルのような無機質感に独自の可愛さを追加しました。

日本のマンションのネックの一つになるのは、玄関の狭さ、圧迫感。
その空間を最大限の採光と幅を広く取ることによって開放的に。
床はLDKと同じデザイン。無垢のパーケットタイルです。

この住宅事例を手掛けたリノベーション・リフォーム会社

2nd Cycle

リノベーション・リフォーム会社 / @兵庫県

大量供給される新築マンションでは満足できないユーザーに向けて過剰な設備自慢ではない、本当に必要なモノだけがあり、住む人と一緒に成長していくシンプルな箱のような家をユーザーの目線で供給するプロジェクト、それが 2nd Cycle Development Projectです。不動産探しから、リノベーションまでワンストップでサポートしておりますので、お気軽にご相談下さい。

2nd Cycleさんの住宅事例

2nd Cycleさんのそのほかの住宅事例

この住宅事例に関連するキーワード