マンションリフォーム・リノベーション

切り妻の壁

面積:

90㎡

費用:

450万円

築年数:

10年

エリア:

東京都

実施時期:

2013

内容:

空間の広がりを感じさせつつ、仕切れる壁をリビングにつくる。
それは家具のように収納できる家の形をした壁である。
現状の室面積を確保しつつ[落ち着きのあるワークスペース]と[広がりを感じるリビングスペース]を1つの提案で実現させたリノベーションデザイン。

家の形をした収納家具の壁によりリビングと書斎の空間を分けている。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

鷲見和高

建築家 / @東京都

クライアントや地域、社会に求められる潜在的なニーズや問題を多くの「対話」や「リサーチ」により顕在化し、建築やインテリアなどのものづくりを通して、新しいライフスタイルをデザインしています。 家具から街づくりまでをモットーにジャンルを超えてものづくりの価値を創出します。 会社設立3年間で30件以上の物件を手掛け、商店建築への掲載やJCDデザインアワードの受賞などメディアからの評価も頂いております。

鷲見和高

建築家 / @東京都

この専門家のプロジェクト一覧