注文住宅

『シカクの家』家族の表情をつくりだす住まい

面積:

147㎡

エリア:

和歌山県和歌山市

実施時期:

2011年

内容:

閑静な住宅街に建つ家。
外部からの視線に配慮しつつも、街区に対して極端に閉鎖的にはならないように、玄関ホールに地窓を設け、観葉植物や置物でそこに住む家族の表情を出せるようにした。
季節ごとに飾るものを変えていくのも面白い。

キッチンは奥様の使い勝手の良いように、オリジナルで製作。引き出しの深さからシンク横のスペースの寸法までこだわっています。

L・D・K。リビングに隣接して小上がりの掘り炬燵のある畳スペース。

リビングの吹き抜け。2階の吹き抜けに面する部分はフリースペース。

主寝室。ロフトから優しい光を落とします。

階段の一部を棚に利用。雑誌を並べたり、ランドセルが置いていたり。

洗面。鏡はスライドして左右どちらでも使えます。

ウッドデッキ。視線を気にせず過ごせるように。圧迫感を感じないぎりぎりのところまで塀を立ち上げています。

玄関ホール。右奥は家族のための靴脱スペース。

この住宅事例を手掛けた建築家

木田吉宣

建築家 / @和歌山県

「心地いい空間」を一緒に追求したい 建物がつくり出す空間が人に与える力を信じて設計しています。何年にもわたって暮らす家ならなおさら、快適な建物、心地いい空間で過ごすことが、心にもいい影響を与えるはずです。施主さんにとって、「心地いい空間」を一緒に追求したいと思っています。 田渕建築設計事務所は、1954年、祖父が創立した和歌山で最も古い建築事務所の一つです。 公共施設、学校施設、医療福祉施設、商業施設、戸建住宅など、さまざまな建築物の設計を手がけています。

木田吉宣

建築家 / @和歌山県

木田吉宣さんの住宅事例