注文住宅

まちのパン屋さん/妙力堂

費用:

4000万円

実施エリア:

埼玉県川口

築年数:

2004年

内容:

四代続く老舗のパン屋さんの建て替えで、建物高さ10m未満に4層を組み込んでいます。1階に工場と店舗、2階に三代目のご主人夫婦、3階に四代目の若夫婦家族が暮らす2世帯住宅です。3階は中高層条例の建物の高さ10m未満を守りながら、吹抜に面して4層目となるロフトがあります。この中4階は天井高さが低くても済む水周りの上に設けてあり、このスペースを確保するために2、3階の水周りの鉄骨には様々な工夫がしてあります。

外壁と屋根は断熱材裏打ちのガルバリウム鋼板で、内部の床は2階、3階共に無垢の杉板、3階天井とデザインのポイントとなる壁には、OSBで仕上げています。建物の外観はクールな印象ですが、1階の店舗は床をテラコッタタイル、壁には無垢の杉板を主体に、天井をOSBと、手作りのパンの温かみに似合う仕上げとしています。そして、なによりも建て主さんの気持ちでパンの陳列台を再利用された
こと・・・それが、四代に渡ってこの町に親しまれたパン屋さんということを伝えている事が、この建築の魂になっているのだと感じています。

大空間の中の立体的フロアー

3階は子世代夫婦の大空間。左は奥行き一杯に大きく中間階を取り、子供達にとってのロフト空間になっています。なんとなく昔あった校庭の隅の築山のような感覚で広がっているフロアーです。

たっぶりと子供のスペースなロフト空間

子世帯の3階に設けられた中4階ロフトスペース。右手の低く白い収納は、キッチンの吊戸棚から繋がって、空間のタテ方向を意識させるデザイン的な手法にもなっています。正面の床が一段上がっているのは、浴室(UB)を納めるためた部分で、お子さん達に楽しんでもらえるかな?とあえて変化をつけて尾根尾根のように表現しています。ほんとに築山公園のような感じです。このスペースはそのまま子供部屋代わりになっています。

木質系仕上げ材料の構成力

まちのパン屋さん二世帯住宅のプロジェクト。3階の子世帯フロアーのリビング・ダイニング。白い壁とOSB壁、床の杉板。モダンな木質の仕上げ材料の部位による対比関係の構成。

アイランドキッチン

まちのパン屋さん二世帯住宅のプロジェクト。3階の子世帯フロアーのキッチンスペース。
コンロ周りには壁がありますが、アイランド状でキッチンの周りをひと回りできます。左吊戸棚上部が中4階のロフトフロアーです。

西側外観

1階がパン屋さんの店舗併用住宅。街角のランドマーク的存在。外壁は断熱材付きガルバリウム鋼板波板。

1階に工場と店舗、2階に主人の老夫婦、3階に4代目の若夫婦家族が暮らす2世帯住宅です。3階には、中高層条例にかからないように建物の高さ10M未満を守りながら、ロフト=中4階のスペースがあります。このスペースを確保するために2,3階の水周りの鉄骨のディテールには様々な工夫がしてあります。

森 大樹/小埜勝久

●住んで戴きたい家の為に・・・  環境に優しい家、住まい手に優しい家とはどの様なものでしょう?人類の家づくりの歴史は、現代のような設備機械の無い時代が長く、基本的な性能を高めることの工夫の歴史でした。我が国では屋根の深さ、断熱材と耐火の役割を持った左官壁、季節に応じて使い分ける建具の多様性に至る歴史に他なりません。左官壁は今や断熱材に置き換えられる様になりましたが、建築は最も信頼のおける基本性能の寿命の分だけ、環境に適応してきました。そうとは言え、設備に頼らないわけにも行きません。それなら私達は先ず、古来の建築の建て方に学び、まず基本性能を充実させる事を考えましょう。半端な建築では設備機器に負担をかけ、設置費用の分を取り戻すかそれ以前に、それらの省エネ設備の寿命は尽き、次の世代に資産価値として残すにも残念な結果を招いてしまいます。それにも関わらず、環境に優しいという建築は、設備機器だけが関心事となっているようでは本末転倒です。設備機器の設置は後でも可能ですし、これからも値は下がりますが、建築工事は後になるほど高くつきます。敷地の余裕が許す限り、屋根をしっかりかけ、断熱性能をしっかりあげ、機械に頼らない、エネルギー消費に頼らない住宅を作りましょう。 【 これからの建築は、燃費も考えて住んで欲しいと思います。そして、いつまでも価値のある住まいで健康に生活してもらえる家をこれからも提案したいと思います。】

この専門家のプロジェクト一覧