注文住宅

『1つの軒下/2つの縁側/4つの和』

内容:

東日本ハウス インテリアデザインコンペ
最優秀賞 2014年7月

「これからの和×モダン住宅」がテーマのインテリアデザインコンペにて最優秀賞を受賞。

南側の軒下に面して、2つの縁側がある単純な空間構成です。
それらはリビング・ダイニングのような決まった用途はもちろん、多目的な用途にも利用出来、骨太でありながら、おおらかな使い方のできる古民家のような住まいでです。その単純な空間構成の住まいに、 4つの『和』の工夫を施しました。

グリーンカーテンの木漏れ日が落ちる軒下空間。

縁側空間2。天井はダイナミックな登り梁のあらわし。

縁側空間1から街路を見る。

この住宅事例を手掛けた建築家

後藤智揮

建築家 / @神奈川県

神奈川県と北海道の2拠点で設計活動を行っており、これまでに新築の戸建て、マンションや戸建てのリノベーション、店舗の改装を手がけてきました。木をつかったシンプルで気がねなくつかえる建築づくりを心がけています。妻、娘との3人暮らしです。

後藤智揮

建築家 / @神奈川県

後藤智揮さんの住宅事例