別荘

志摩船越の別荘

種別:

別荘

面積:

68㎡

エリア:

福岡県糸島市

実施時期:

設計期間2010.8~2011.6、工事期間2011.7~2012.5

内容:

糸島市の別荘地に建つRC造2階建の別荘。急峻な崖の上に引っかかるように佇み、眼下には玄界灘を望む。同じ別荘地内にある別荘の離れとして、執筆活動に専念できるプライベートな隠れ家が望まれた。人為的活動の結果としてのシェルターを、周囲の大自然とどのように対峙あるいは馴染ませるかが設計のテーマとなった。壁のスリットから射し込む太陽の光やスリット越しに切り取られた空、屋根から見渡す大海原の眺め、木漏れ日に包まれて緑豊かな陽だまりのテラスなど、これまでこの土地にはなかった新しい風景とあらたな視点が建物の随所に計画されている。時々刻々と光と色が変化して多様な表情を見せる海面や、漁師たちの活気あふれる漁の様子、月光に照らされ風や霧によって様子を変える対岸の景色など、ここでしか見られない自然の大パノラマを存分に満喫できる空間となっている。

主体構造 鉄筋コンクリート造
基礎 ベタ基礎
規模 地上2階建
軒高 6.840m
最高高さ 7.050m
敷地面積 420.04㎡
建築面積 39.57㎡
延床面積 68.57㎡

近畿大学・工藤研究室との共同設計
Completion in 2012/
Shima-Funakoshi
Itoshima Fukuoka,
JAPAN
撮影:工藤 卓

室内には壁面いっぱいに、自由に高さを調節できる本棚が並ぶ。部屋から海へと突き出したテラスの間には半屋外のテラスをつくり、段階的に室の内外を結びつけることで、きめ細かで多様な生活空間が計画された。
撮影:工藤 卓

木漏れ日が射し込むテラスで、大海原を見渡す。
撮影:工藤 卓

駐車スペース脇の階段を通って階下の居室へとアクセスする。さまざまな大きさの正方形の光がランダムに射し込む駐車場内部の壁面構成。
撮影:工藤 卓

玄関脇には、アクティビティの場としてのテラスが海へと向かって突き出し、シンボルツリーであるオリーブの樹が植えられている。あらたな場所性をつくり出す、閉じた箱と開かれたプラットフォームの対置。
撮影:工藤 卓

夜の闇に浮かびあがるコンクリートの質感。
撮影:工藤 卓

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

佐野正樹

建築家 / @福岡県

オランダに留学していた頃、アムステルダムは住宅事情がとても悪く、2年弱で4軒のアパートを転々としました。いろいろな箱の中で生活をしてみて、意外に人間の暮らし方には適応力があるものだと感じています。 日常生活が、効率よく“場”を使うことだけではあまりにも味気がないですし、“場”の方から人々の活動を誘い出すことで、思いがけず暮らしの幅も広がっていくのではないでしょうか。住まわれる方々との共同作業を通し、ありきたりではない十人十色な生活をサポートする住環境をつくりだせたら、とそんなことを考えながら設計をしています。

佐野正樹

建築家 / @福岡県

この専門家のプロジェクト一覧