注文住宅

0676_House-01

エリア:

千葉県市川市

実施時期:

2010年竣工

内容:

2世帯居住を考えた千葉県の杉材と漆喰でつくった家です。

リビングから庭を見たところ。
窓は全開できるサッシュで外には段差なしでウッドデッキがあり庭とつながっています。

リビングからダイニングを見たところ。
大きな三枚の建具でダイニングを間仕切ることもできます。

北側には子供スペース。ロフトと吹き抜けでつながるゆったりとしたスペースです。

ホビースペースと階段はオープンにつながっています。

ロフトは天窓で明るく。
パッシブソーラーシステム「そよ風」の機械が見えています。

浴室は天然大理石のモザイクタイル。角も丸く貼っています。

外のウッドデッキには大きな屋根がかかり雨の日でもアウトドアを楽しむことができます。

玄関から1階のリビングに入るところです。
シンプルなつくりの玄関は天窓で明るくしました。

路地状敷地の長いアプローチから見た建物全景です。
玄関ポーチには大きな屋根をかけて、
雨の日に帰ってきても濡れずに傘がたためます。
ここは自転車置き場にもなっています。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

古川泰司

建築家 / @東京都

家はプリミティブなものです。家が住まい手と密接につながっている。家は人を守り人を待つところ。それこそが家。 家はそのようなものであって欲しい。住むこと、暮らすこと、その原点に立った家づくり。そんな家づくりのお手伝いが出来ればと考えています。

古川泰司

建築家 / @東京都

この専門家のプロジェクト一覧