注文住宅

桂木の家

実施エリア:

青森県青森市

実施時期:

2008年

延床面積:

90平米

内容:

南側は比較的交通量の多い道路、東側は歩行者専用道路に面した、少し歪な約50坪の角地である。ここでは、この東側への開き方を特に意識し、小さくても(僅か26.5坪の)広く開放的な住宅を目指した。

具体的には、東側は開口率の低い壁が並び、大きな開口部は道に直交する事で、内と外の視線の角度が振られ、適度な距離を保っている。これによって内部は開放感が増し、外観はボリュームが抑えられ圧迫感を減らした。

一方外壁の凹凸は、内部ではそのままいくつかの居場所になっている。そのボリュームがより広く感じられるように、間仕切り壁は無くし、2階床を薄くして、2層分の蛇行する壁と1階の床、2階の天井で構成された大きなワンルームをつくった。そして、個室の間仕切は床から天井までの太鼓貼障子とするなど、階段、トイレ等それ以外の要素は、家具のような扱いとしている。

この家は、在来木造、ベタ基礎、無落雪屋根、断熱性、蓄熱暖房など、青森では普遍的な工法、材料、設備、コストバランスを用いながらの一つの提案である。