注文住宅

光と風が通り抜ける下町の立体長屋

光と風が通り抜ける下町の立体長屋 (千駄木に立つ現代の木造長屋)

千駄木に立つ現代の木造長屋

防火認定を取っている、天然木であるレッドシダーが前面を覆い、脇はサイディングで固め2仕様のファサードです。 アプローチは佐官ショpりです。

光と風が通り抜ける下町の立体長屋 (光が降り注ぐロングカウンターキッチンのあるリビング)

光が降り注ぐロングカウンターキッチンのあるリビング

2階はリビング、ダイニング、キッチンをワンフロア仕切りなしです。 縦長に配置された5メーターのキッチンロングカウンターがここの生活を楽しくさせます。

光と風が通り抜ける下町の立体長屋 (仕切らない洗面所、隠れ家スペース)

仕切らない洗面所、隠れ家スペース

1階は広い玄関土間に洗面台をしつらえ、特に個室化することはありません。 廊下の途中に洗面所がある感覚です。 そしてその奥は寝室にする縫もよし、ワークスペースにするのも良し、 明るい2、3階に比べ、ここはおこもりできるスペースです。

光と風が通り抜ける下町の立体長屋 (小上がりのある3階和室)

小上がりのある3階和室

3階は琉球畳を敷き詰め、ここは寝室にしたり、お茶会したりと多目的スペース。 現代に無くなりつつある和室ですが、ワンフロア全部敷き詰めることにより、逆に 使い勝手が良くなる畳でもあります。

光と風が通り抜ける下町の立体長屋 (邪魔しない階段)

邪魔しない階段

狭小住宅において縦横に配置する階段は光と風を取り入れる大事な吹き抜けスペース。また、手すりも自ずから存在感が出て来ます。狭い廊下をなるべく広く使えるように、手すりの支えは天井からにしました。

光と風が通り抜ける下町の立体長屋 (招き入れる玄関)

招き入れる玄関

街に開きたいという施主の要望を受け、玄関ドア開けると部屋の照明が建物に招き入れてくれます。 アプローチはモールテックス左官材を2色、塗り分けています。

光と風が通り抜ける下町の立体長屋 (街を照らす建物照明)

街を照らす建物照明

夜は街灯が少なく、暗くなるこの界隈を照らすスポットライト照明を設置し、ファサードを照らします。 街灯に頼らずとも、各家にこうした配慮があると、街の雰囲気も変わるかもしれませんね。

写真の説明を固定表示

(OFFのときは写真にマウスオーバーで表示)

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

関わり方

設計

用途

賃貸

居住者

家族(子供1人)

所在地

東京都文京区千駄木

費用

設計・施工:2300万円

敷地面積

54㎡

延床面積

66㎡

階数

3階建て

間取り

2LDK

期間

設計:8ヶ月 、施工:6ヶ月

完成時期

2018年06月

施工会社

駿河屋

間取り

都心の狭小敷地に作る木造3階建てで、街にも存在感をアピールしつつ融合させ、そして縦長の敷地ではあるけれど、風と光が南北につく抜けるように窓や吹き抜けで工夫をして設計しました。また、出来るだけ人に優しく、かつ年月がたっても古びない愛着がわく空間とするために、珪藻土、無垢の檜材、ファサードのにもレッドシダーの天然木を使いました。

家づくりのきっかけ・施主の要望

この地で育ったお施主さんは、年々代替わりが進むにつれて昔の趣のある家屋が壊されどこの街にもある規格化住宅が蔓延していくのを憂いておりました。
そして相続で引き継いだこの土地には、ずっとこの街で根を下ろして愛される、インパクトのあるファサードと、自然素材で作る、どこか和の雰囲気も感じられる建物がご希望でした。

この事例の見どころや工夫したところ

光と風を取り入れるのは前述した通りですが、3階建ての各フロアが全く別な雰囲気を持ち、決して広くはない建物でも、各フロア別々に気分を変えて楽しめるお住まいとしました。1階はモールテックスというベルギーの佐官材を床に塗った広い土間スペース、2階は5mのロングカウンターがある、バーのようなスペース、3階は琉球畳を全フロア敷き詰めた落ち着く空間、しかし、各フロア、日中は天然の光が差し込み、夜は柔らかい間接照明の光で結ばれます。

施主の感想

賃貸として作りましたが、将来は自分たち夫婦が住めるように作りました。
賃貸に出す前に家族みんなで泊まり、夜の光を楽しみ増した。

事例の進み方

ホームページでいらっしゃったお客様で、狭小で木造3階建てということで
構造、法規の制約が規模叱ったので、最初から構造事務所とタグを組み、施主にプラン提案をしていきました。ようやく絞られた3案は模型をもとに施主とはデザインを詰めていきました。また、お互いイメージに近い建築を見つけると見学に行き、一緒に新しい家のイメージ、仕様を作り上げていきました。

印象に残っていること

ファサードは2種類の仕上げでできているのですが、そのカラーリングをご家族皆で
サンプルを作り検討していったのが印象的でした。

3つの個性あふれるステージを持つ下町長屋住宅

限られた木造3階建ての狭小住宅ではありますが、各フロア別々な個性をプランニング、仕上げで作り上げていくことがっで来ます。

いい家!
3

この家がいいと思ったらクリック!

この事例のコンセプト

この住宅の写真

手掛けた建築家

対応業務

注文住宅、リノベーション (戸建、マンション、部分)

所在地

東京都世田谷区若林5-6-9.リベル601

対応エリア

茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 青森県 / 岩手県 / 山梨県 / 長野県 / 静岡県 / 三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 岡山県 / 徳島県 / 香川県 / 福岡県

目安の金額

30坪 新築一戸建て

2,100〜3,600万円

60平米 フルリノベ

840〜1,320万円

資料請求

専門家のことをもっと知るため、まずは資料請求してみましょう。作品集やカタログ、会社概要など、資料の内容については専門家にご確認ください。

こんな相談ができます(匿名)

住宅事例や対応エリア・金額感についての質問や、打ち合わせの日程や内見同行の相談など、匿名で問い合わせ可能です。

竹浪 由里さんのそのほかの住宅事例

この住宅事例を見ている人におすすめ

もっと見る

この住宅事例に関連するキーワード

竹浪 由里

建築家 / @東京都