注文住宅

超ローコスト住宅/Siiの宮

費用:

1500万円

実施エリア:

神奈川県平塚

延床面積:

118平米

築年数:

2007年

内容:

外構、照明器具等も含めて、1450万の総工費です。
限界に挑む計画を成功させる為、安く手に入る材料などを見つけながら仕上げてゆくことになりました。

そうした経緯で、お施主さんの希望の材料や設備機器は、採用できないものもありましたが、設備機器とサッシュ以外は自然のもので仕上げられました。超ローコスト住宅のお仕事は、多くの部分で設計者と施工者の能力に任せて頂いてこそ、成立する性格の仕事になります。

この住宅はロフト7.5帖、バルコニーテラス9帖、2階42.23平米(内に居間・食堂11帖と子供室7.5帖)1階も42.23平米(寝室7帖を含む)合計室内が84.46平米(25坪)ですが広く感じられる住まいです。ロフト・バルコニーを入れた施工床面積では118.25平米あるからでしょうか。
間取りは、子育てとその成長を考えた家族同士のつながりとプライベート空間の独立性を考えたものにしています。ご夫婦ともに仕事を持ち、洗濯物を干して出かけられても多少安心できるように、一部庇つきのバルコニー計画。そしてやがては部活動の洗濯をするお子さんの為に選択場所を子供室と同じフロアーのバルコニーに設けて自主自立。勉強も手伝い(?)もご夫婦の目が届く子育ての住まいです。やがては自立してゆく子供達。子供部屋はご夫婦の部屋になり、一階の寝室は残った親御様の部屋としても使える機能性を考えています。一階の収納をたっぷり取り、旅行とスノーボードがしっかり納まる玄関収納も確保しました。超ローコストで超機能的な高気密高断熱の準耐火木造住宅です。

ロフト

作品解説:
外構、照明器具等も含めて、1450万の総工費です。
限界に挑む計画を成功させる為、安く手に入る材料などを見つけながら仕上げてゆくことになりました。

この住宅はロフト・バルコニーを入れた施工床面積では118.25平米
間取りは、子育てとその成長を考えた家族同士のつながりとプライベート空間の独立性を考えたものにしています。ご夫婦ともに仕事を持ち、洗濯物を干して出かけられても多少安心できるように、一部庇つきのバルコニー計画。そしてやがては部活動の洗濯をするお子さんの為に選択場所を子供室と同じフロアーのバルコニーに設けて自主自立。勉強も手伝い(?)もご夫婦の目が届く子育ての住まいです。やがては自立してゆく子供達。子供部屋はご夫婦の部屋になり、一階の寝室は残った親御様の部屋としても使える機能性を考えています。一階の収納をたっぷり取り、旅行とスノーボードがしっかり納まる玄関収納も確保しました。超ローコストで超機能的な高気密高断熱の準耐火木造住宅です。

森 大樹/小埜勝久

●住んで戴きたい家の為に・・・  環境に優しい家、住まい手に優しい家とはどの様なものでしょう?人類の家づくりの歴史は、現代のような設備機械の無い時代が長く、基本的な性能を高めることの工夫の歴史でした。我が国では屋根の深さ、断熱材と耐火の役割を持った左官壁、季節に応じて使い分ける建具の多様性に至る歴史に他なりません。左官壁は今や断熱材に置き換えられる様になりましたが、建築は最も信頼のおける基本性能の寿命の分だけ、環境に適応してきました。そうとは言え、設備に頼らないわけにも行きません。それなら私達は先ず、古来の建築の建て方に学び、まず基本性能を充実させる事を考えましょう。半端な建築では設備機器に負担をかけ、設置費用の分を取り戻すかそれ以前に、それらの省エネ設備の寿命は尽き、次の世代に資産価値として残すにも残念な結果を招いてしまいます。それにも関わらず、環境に優しいという建築は、設備機器だけが関心事となっているようでは本末転倒です。設備機器の設置は後でも可能ですし、これからも値は下がりますが、建築工事は後になるほど高くつきます。敷地の余裕が許す限り、屋根をしっかりかけ、断熱性能をしっかりあげ、機械に頼らない、エネルギー消費に頼らない住宅を作りましょう。 【 これからの建築は、燃費も考えて住んで欲しいと思います。そして、いつまでも価値のある住まいで健康に生活してもらえる家をこれからも提案したいと思います。】

この専門家のプロジェクト一覧