戸建リノベーション・リフォーム

西岡のリフォーム

エリア:

北海道札幌市

内容:

古い木造住宅の改修設計です。
若い家族が新たに住むに当たって、居心地良く、楽しく住める空間へとデザインすることを依頼されました。
既存の住宅のプランは昔ながらの個室型で、リビングも狭く、細かく区切られた空間は風通しの悪い光も風も届きづらいものでした。
計画では必要の少ない客間や廊下スペースを、間仕切り・ドア・垂壁を取り払い、一繋ぎとし、ワンルームの回遊型プランとすることで家族が普段一緒にいるスペースを居心地良く大きく取り、居心地良い共用スペースとしました。
部屋の中心にあるBOXは元々和室の押入れと仏壇であったスペースで、構造上中心に残るためシナベニヤ張りとしコート掛け収納や電話などの置かれるコアとしています。
元々丁寧に使われていた住宅であったため、極力既存の建具や家具は張地を張り直したり塗装をしたりして再利用しています。
シンプルな少ない操作で良い住環境を得られることを考えました。

まだ使える元々あった家具などは一部組み込んで残した。

個室群に区切られた昔ながらのプランを広々としたワンルームにリフォーム

この住宅事例を手掛けた建築家

富谷洋介

建築家 / @北海道

富谷洋介建築設計は北海道札幌市を拠点とする建築設計事務所です。 建築設計とは、ものづくり、場所づくりと捉えられがちです。 しかし、本当は私たちが設計しているのは物ではなく、そこで流れる時間であったり、生まれる出来事のきっかけなのです。 私たち人間の心は今まで起きた出来事によって形づくられており、そしてこれからもそうです。 心を動かす、いつも気持ちの良い心にしてくれる素晴らしい空間とは、そこを使う人たちのことを想い、繰り返し反芻することから生まれます。 一緒に考え、そこにしかない誇りになる居場所を創りましょう。

富谷洋介

建築家 / @北海道

富谷洋介さんの住宅事例