注文住宅

三角敷地の家

内容:

特化した1.5mの高低差のある三角敷地での計画である。
敷地特性をそのまま活用し、空間を敷地に当て嵌めたプランを行った。それぞれの居屋は、連続した繋がりをもち、ドラマチックな空間が生まれた。