注文住宅

杉並の家

エリア:

東京都杉並区

内容:

密集地のオアシス。
住宅密集地に独立した空間を確保するため、通風性のある背の高い目隠し塀を建てた。
周囲からの視線をカットした中庭は落ちついた空間となり、L型の間取りの内部空間と一体化している。

外部からの視線をカットすると、部屋を開け放しておける。

障子を閉めるとまた別の世界が・・・

リラクゼーションを満喫する浴室。

引き立てあう中庭とデッキ。

スキップするデッキ。中庭を立体的に使える。

部屋から離れたところにデッキの踊り場。独立した空間となる。

中庭のコーナーに仕掛けた小さな池。手を加えるとビオトープになる。

広めの玄関ホール。

ゆとりを持ったポーチ。左は中庭へのくぐり戸が開いている状態。右側に自転車置き場兼物置となっている。

この住宅事例を手掛けた建築家

DON工房

建築家 / @東京都

住まいは人の感性を育みます。あくまでひとが主体です。 建築が目立ったり威張ったりしてはいけません。 住まいはひとの生活と感性をゆたかにするための、質のたかい装置であるべきです。 ひとやモノを引き立てるため、シンプルかつ伸びやかな視覚世界をつくり出します。室内環境は、まず通風、次に日照を心がけ、健全な肉体と精神の健康を獲得したうえで、質の高い建築空間をを創造します。

DON工房

建築家 / @東京都

DON工房さんの住宅事例