注文住宅

コンパクトハウス/Saさんの家

築年数:

2007年

エリア:

埼玉県蕨

内容:

・建築ジャーナル「埼玉の建築家とつくる家」(2012.01)
・ナイスリフォーム「サステイナブルな家」(2010.06)
東南の角地の敷地35.7坪に建つ、機能を集約的に集めた極めてシンプルでコンパクトな家です。
基本的には、夫婦2人が1階ですべての生活をスムーズに行えるように、開放的な空間を用意し、1階の中で回遊できるふたつの動線を取り入れています。 ひとつはキッチン→リビング・ダイニング→WC→洗面脱衣室→キッチン。もうひとつはキッチン→納戸→畳スペース→リビング・ダイニング→キッチン。この回遊動線は将来的に介護が発生した時に必要なフレキシビリティーにも対応しています。 2階には、必要ならば建具を取り払ってワンルームにできる2部屋を設けていて、今後の家族構成の変化及び来客にも対応できるプランとなっています。 埼玉県産材の家です。ただし床のカラマツのむく板は岩手県産です。インテリアの素材は、撥水加工の和紙、ケイソウ漆喰、杉のむく板、カラマツのむく板といった自然素材です。外部も杉板、左官仕上げと手仕事が現れる仕上げとなっています。

お手洗いの戸はあって当たり前かも知れませんが、枠の存在感を控えめに、そして天井までの高さを持たせると、手前の洗面洗濯室との一体感で広く見えるものです。間取り図が出来ても、図面からこうした空間を実現する為に、建築家たちの工夫がたくさん注ぎ込まれるものなのです。

道路境界には塀を立てず、オープンな内部と同様に、住まい手の気持ちが町並みにあふれています。植栽はさりげく適量にして、訪れてくれる方を控えめにお迎えする程度に。

書斎も様々なタイプを作りましたが、オープンな空間の中に書物たちが果たす役割を感じさせてくれるタイプもいいと思います。

2階の2室。画像は引き戸を取り外した状態です。床はカラマツ、壁、天井は玉紙。

建具によって空間は自由に仕切りながら、置き畳を自由に設置、取り払い様々なシーンを作ることが出来る自由な空間です。

1階は杉板仕上げ、2階は左官仕上げ。徹底的に屋根を薄くしてシャ-プにコンパクトにシンプルにまとめました。左端は雨水をため利用する為の雨水タンク。

書斎コーナーから畳スペース側を見たところ。畳スペースとリビングダイニングの間の引き戸は、ダイニング部の白い書架の後ろにすべて引き込まれ、ワンルーム化されます。建具が消えてこそ、本当に大きな空間としての存在感を作り出せます。建具の使い方も私達が得意とするところです。

畳スペースを納戸側から見る。納戸入り口と畳スペースを緩やかに仕切る竹の竪格子。シンプルでありながら、和としての雰囲気を失わない落ち着きと優しさを残してデザインをしています。

玄関。右側の棚+簡易ベンチ+手すりは靴の履き脱ぎの時に使われるものですが、リズミカルにお出かけ時も帰宅時も、すこし楽しげな気持ちにさせる玄関になっています。

リビング・ダイニングの一部は書斎コーナーとなっている。書斎コーナー机の脇にスロープから連続している副玄関としての土間がある。床はカラマツのむく板、壁はけいそうしっくい、天井は下屋下部分は垂木現しの杉むく板貼り。

リビング・ダイニングからキッチン側を見る。ダイニング、キッチン部分天井はけいそうしっくい。1階建具はすべて引き戸。

南側外観。簡潔な切妻と下屋との構成です。1階は大きく開いた開口部に車椅子利用も可能なスロープが取り付いて、ご近所の人がダイレクトにリビング・ダイニングにアプローチできるようになっています。屋根は薄くシンプルに。道路境界には塀を立てず、オープンな内部と同様に、住まい手の気持ちが町並みにあふれています。

このプロジェクト事例を手掛けた建築家

森 大樹/小埜勝久

建築家 / @埼玉県

●住んで戴きたい家の為に・・・  環境に優しい家、住まい手に優しい家とはどの様なものでしょう?人類の家づくりの歴史は、現代のような設備機械の無い時代が長く、基本的な性能を高めることの工夫の歴史でした。我が国では屋根の深さ、断熱材と耐火の役割を持った左官壁、季節に応じて使い分ける建具の多様性に至る歴史に他なりません。左官壁は今や断熱材に置き換えられる様になりましたが、建築は最も信頼のおける基本性能の寿命の分だけ、環境に適応してきました。そうとは言え、設備に頼らないわけにも行きません。それなら私達は先ず、古来の建築の建て方に学び、まず基本性能を充実させる事を考えましょう。半端な建築では設備機器に負担をかけ、設置費用の分を取り戻すかそれ以前に、それらの省エネ設備の寿命は尽き、次の世代に資産価値として残すにも残念な結果を招いてしまいます。それにも関わらず、環境に優しいという建築は、設備機器だけが関心事となっているようでは本末転倒です。設備機器の設置は後でも可能ですし、これからも値は下がりますが、建築工事は後になるほど高くつきます。敷地の余裕が許す限り、屋根をしっかりかけ、断熱性能をしっかりあげ、機械に頼らない、エネルギー消費に頼らない住宅を作りましょう。 【 これからの建築は、燃費も考えて住んで欲しいと思います。そして、いつまでも価値のある住まいで健康に生活してもらえる家をこれからも提案したいと思います。】

森 大樹/小埜勝久

建築家 / @埼玉県

この専門家のプロジェクト一覧

この専門家のそのほかのプロジェクト